« 宗教について 3 | トップページ | 自分自身の力を信じる 1 »

2012年4月18日 (水)

宗教について 最終章


   
O・・・私も調和波動気功法をはじめた頃は半信半疑でした。ところが、よく考えてみると世界中の宗教が祭る神が雲の上の存在なら、我即神也とは、自分の中の神を信じる、ということだった。

自分の中の神を信じ、感謝し、祈り続けていくと細胞が生き生きして、お肌が綺麗になったり、勘が冴える仕事がうまくいったりする。

 


S・・・これはとにかく一度やってもらわないとね。口でいくら説明しても、体得しないとわからない。みんな体得中?(笑)

西園寺昌美さんの「我即神也」の本を読んだ時、すごく納得した。

現在の自分は良くも悪くも自分が創り上げた結果であって、何を信じ、何を選んできたかの結果が現われてると・・・・確かにそうでしょ。自分の人生なのに人まかせというか、悪いことは社会のせい、学校のせい、病院のせい、旦那のせい、妻のせい、子供のせい、・・・・ということが多いよね。(笑)

この前、気功協会みたいなのができるとかで、その案内に出てたんだけど、気功の真髄は単に型や呼吸法だけではない。

宇宙と一体になり融合することで、心の波動を高め、清め、人格・霊格・神格を向上することにある。

そして良い気を広め、地球が清らかな波動で包まれていくと、人類の平和と健康の意識向上に寄与することが出来る。

こんな感じだったかな。 その通りよね。

つまりこれからは個人個人一人一人が神性を顕していく時期にきたということ。

一人一人が自分の想念、人生に責任を持つ! ですね。

頑張りましょう!


 


O・・・若い頃は雑誌の占いを一番に見るほど好きだったのに、今は全く興味がなくて。 未来も今日の運勢も皆いいに決まってるって、自信たっぷりにそう思える自分がうれしいなって思います。

自分の未来は人任せ、宗教任せにするんじゃなく、「我即神也」 の自分の意思ではっきり決定できるからです。

これこそ正しい生き方ですよね。




● 自分の人生は良くも悪くも自分が創り上げた結果である。

● 宗教とは、字のごとくウ(うかんむり)=宇宙を示す教えの事。

人間とは何か、どんな目的で生まれてきているかなど、真の自分を知りたい方は、于寿明先生、五井昌久先生、西園寺昌美先生の著書をお読みください。




 「無限次元への誘い」 于寿明 星湖舎  


電子図書があります。 メモ

http://utoshiaki.wook.jp/detail.html?id=207092


 調和波動気功法   

http://homepage2.nifty.com/hmwave_goldendoor/




http://auraaura7.com/


  

« 宗教について 3 | トップページ | 自分自身の力を信じる 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44929761

この記事へのトラックバック一覧です: 宗教について 最終章:

« 宗教について 3 | トップページ | 自分自身の力を信じる 1 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ