« 想わないようにしよう 6 | トップページ | コントロール 1 »

2012年4月23日 (月)

想いは重い

  

  
自分が今、想っているのは、自分の本心ではなく人の想いをもらってしまっている。

想いとは相手の心なんだと書いてきました。

だから今自分が想っていること、考えていることに把われなくていいんだ。(どうしてこんなことを想ってしまうのだろう?考えてしまうのだろう?・・・と)

悩まなくていいんだ。

そして考え過ぎてはいけなんだ・・・・と。

想いって、相手の思いをもらうだけでなく、思うと気持ちが重たくなってしまうのです。

私はメンターに

「想いは重いのです。だから想わなくていいんです。想うのは違うのです」

と言われ続けてきました(笑)。

「先生、私はこう思うんですけど」

「それは違います」

「先生、こうも思うんですけど」

「それも余計なことです」

想うことに関して

全否定されていました。(普通では考えられないことですよね)

そのときにはわからなかった。

でも今、いろんな人の相談に乗るようになって

ほんとによくわかるようになったのです。

「人間ってほんとにああだ、こうだ、が多すぎる」

「考えてもしかたがないことばかりを思っている」

「たくさんの他人の人の想いをもらっている」

「混乱している」

「マイナスの想念エネルギーの中に入ってしまっている」

「幽界(迷いの世界)に行っている」

もっとハッキリ言うと想うとマイナスの想念と波長が合ってしまうのです。

そのことが手に取るようにわかるのです。

仏教言葉で

「無念無想」ってあるんです。

何も念じず何も想わない

念じるとは強く想う、願望、欲望のことだと思います。

「無念無想」とは

頭の中を空っぽにしてスッキリ爽やかな状態ですよね。

それが健全な人間の姿なのです。

でも私たちは念じ、想っています。


では想うとどうなるか?


ここにサラサラと流れている小川があるとします。

想うとはこの川に大きな重い(想い)石を置くのと同じなんです。

すると川はせき止められて水が流れなくなります。

川下に流れて行かなくなります。

滞ってきたところの水は濁って、腐っていきます。

これがストレスであり、病気なんです。

病気とは、気(エネルギー)が病むと書きます。

流れが滞った状態なんです。

何も考えず、想わず、頭を空っぽにしていれば

体、そして心の中のエネルギーはスムーズに流れて行くのです。(心と体は一体です)

お釈迦様の空になれ、老子様の無為になせ、キリスト様の幼子のように何も考えるな!とは同じことをおっしゃっているんですね。

でも、私たちは想わないと駄目だと思っている、考えないと生活していけない、考えていないと馬鹿になると思い込んでいます(笑)。

しかしそうではないのです。

本心というのは本当の心ということなんですが(当たり前ですよね)

この本心というのは肉体にはないのです。

正確にいうと肉体界という目に見える世界にはないということです。

本心はどこにあるのか?

それは肉体界でもなければ幽界でもなく、波動の細かい霊界でもなく神界(宇宙)にあるのです。

そこに本当の自分がいるのです。

そこから必要なメッセージは流れて来るのです。

本心の自分のメッセージをもう一人の肉体の自分が受けとるのです。


私たちがしんどく、苦しんでいるのは

肉体の頭と、神界に居る本心とが違っているからなんです。

悟るって自由自在心になるって書きました。

この悟るとはりっしんべん(心)と吾がくっついています。

この心とは真の心、本心のことです。

この本心と吾というのは肉体人間の自分のことです。

つまり天にいる本心の自分と肉体人間の自分が合体した姿をいうのです。

神我一体ですね。

これが悟った状態です。

近未来にはほとんどの人がこうなるのです。

天地が繋がって光の柱になる

天からの光(エネルギー)をそのまま受けるようになります。

すると神界(天国)がそのまま地上に、肉体界に降りて来るのです。

4次元が3次元に降りて来る

それがアセンション(次元上昇)なんですね。

それには、人間の意識が肉体意識から宇宙意識へシフトしなければならない。

今はその真っ最中なんです。

だからみなさん波動(エネルギー)が変わってきたと思いませんか?

感じませんか?

細かい波動になってきたと感じませんか?

話がまたまた逸れてしまいましたね(笑)。

肉体の頭で考えることは悪いことではない

しかし、エネルギーが流れにくくなる

エネルギーが流れにくくなると

それがストレスになり

病気になる

すごくシンプルなんです。

だからエネルギーを流すためには

運動も必要です。

肉体のメンテナンスですね。

そして精神のメンテナンスももちろん必要です。

その中に考えないこと

想わないことがあるのです。

みなさん

今まで想い過ぎてよかったことってありましたか?

考え過ぎて解決したことってありましたか?

その辺をよく考えてみて

あッ、考えることは違うんでしたね(笑)。

では、今回はこの辺で終わります。


    

« 想わないようにしよう 6 | トップページ | コントロール 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44994741

この記事へのトラックバック一覧です: 想いは重い:

« 想わないようにしよう 6 | トップページ | コントロール 1 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ