« 3月31日のツイッター | トップページ | 善い人は強くなりましょう! »

2012年4月 1日 (日)

プラスの言葉を発しよう!

  
  
仕事の得意先で毎日のように会っている人がいつも自虐的な言葉ばかりを発しているので

「○○さん、言葉っていうのは言霊(ことだま)といってエネルギーが宿っているんですよ。言葉に出したらほんとのその通りになってしまいますよ。止めたほうがいいですよ」

というとハッとしたような顔をして

「そうやなぁ、やめようかなぁ」 と言ってくれました。

人は悪気はなく、くせでマイナスの言葉を発しています。

でも、それが自分に還ってくること、宇宙にマイナスのエネルギーを蒔き散らしていることを知らないのです。

私たちが何気なく吐いている溜息さえ、宇宙の果てまで届いているのだそうです。

光明の言葉を発することと同時にネガティブなマイナスの言葉を発することを止めるだけで随分、地球の波動が違ってくるのです。

という私も、油断したり、他の人に合わせてマイナス言葉を言ってしまいそうになることがあります。

そんなとき、元に戻してくれるのが、私にとって側に置いてある本なのです。

その中から抜粋してみますね。わーい(嬉しい顔)


 



・ 否定的な言葉は、物質主義社会における伝染病である。

  人々は、物質主義的な欲求が満たされない時、

  否定的な言葉を用いて、欲求不満を解消する。

  それらの言葉は、エネルギーの磁場を形成し、

  人々の心に同様の感情をかき立ててゆく。

  そのような感情を出来るだけ言葉に表わすことなく、処理すべきである。


 



・ 「出来ない」「もうだめだ」「でも」「だって」「無理だ」「不可能だ」「今度する」・・・・・・などというマイナスの言葉自体に不運を導く力が潜んでいる。

  「ありがとう」「今、すぐしよう」「必ず出来る」「絶対大丈夫」「成就」「なんて素敵」「天使のよう」「神様のよう」「あたりに輝きを放っている」「身体中、愛のみの人」・・・・・などというプラスの言葉自体に強力な運を導く力が宿っている。





・ 言葉それ自体は生きている。自分の分身である。




・ 人類は、神霊の宿った言(光明の言葉)のみを語ることによって、世界を平和に変えてゆくことが出来る。




・ 神聖なる言葉には、神霊が宿っており、神霊が宿っているからこそ、その言葉は成就されるのである。




・ マイナス思想の習慣を一掃すること。何故ならば、人生は、習慣がつむぐ織物のようなものだから。




・ 自らの無限なるパワーやエネルギーを自己破壊に用いてはならない。





・ どのようにして、私たちは否定的な言葉を処理できるのか?

  それは、幸福や愛や寛容や感謝に満ち溢れた

  光明の言葉の高次元エネルギーによってである。

  光明の言葉は、その輝きで否定的な言葉を包み込み、光の波に変え、

  否定的な言葉を打ち消すことが出来る。


 


 ・ すべての瞬間、私たちは自分の目先の現実を創っているだけでなく、人類の未来の創造に参画している。





  

« 3月31日のツイッター | トップページ | 善い人は強くなりましょう! »

コメント

実に興味深く、奥深い内容で、ぜひ実践すべきものですね。
いつもありがとうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44715992

この記事へのトラックバック一覧です: プラスの言葉を発しよう!:

« 3月31日のツイッター | トップページ | 善い人は強くなりましょう! »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ