« 流す、外す、消す 1 | トップページ | 流す、外す、消す 3 »

2012年4月11日 (水)

流す、外す、消す 2


  
マイナスのエネルギーが肉体の頭脳に入ってきます。

感情的になるのは、頭に誰かの怒りの感情を受けて自分の中にもある怒りの感情と共鳴するのです。

「頭を冷やせ!」

「気を沈めろ!」

という状態は気が上がっている。

意識が頭(肉体)にあることを言っているのです。

肉体に意識があるから人の想念エネルギーを受けてしまうのです。

眠っているときには

苦しみはありません。

それは眠ることによって肉体から意識が外れているからです。(その間に守護霊様は人間についたマイナス想念を浄めておられるのです)

寝ている間に肉体界を離れて違う世界に行っています。


だから起きているときにも

肉体から意識を外してやればいい

スポーツをしているとき、運動をしているときは

嫌なことを忘れている

その感覚ですね。

これが順序は違いますが 流す、外す、消すの

外すにあたります。

調和波動気功法では

座っているときはおしり、立っているときは足裏といっています。

肉体から外れればどこに意識を置いてもいいのですが

気を沈めるためには体の最下点がいいのです。

おしりや足裏は意識しやすいし、肉体から意識も外れているのです。

これを実践するとかなり楽になります。

マイナスの想念エネルギーが入ってこなくなるからです。

では、次の日記で話を進めます。


  


« 流す、外す、消す 1 | トップページ | 流す、外す、消す 3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44840204

この記事へのトラックバック一覧です: 流す、外す、消す 2:

« 流す、外す、消す 1 | トップページ | 流す、外す、消す 3 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ