« 自立について 2 | トップページ | 中国人と日本人 2 »

2012年4月30日 (月)

中国人と日本人 1

  

  
ハッキリと言って、中国の人と日本人というのは、まったく違う。

中国人のことを良く言う人は少ない。

仕事で中国へ行っている人

中国人と仕事をしたことのある人

みんなボロクソに言っている。

平気で嘘をつく、簡単に裏切る、信用させといて騙すのも常套手段、騙される方が馬鹿だと思っている

しかし日本人も良いところばかりはない、自分の身を守ることばかりを考えて冒険をしない、ハッキリとものを言わない、打たれ弱い、すぐにへこむ、中国人よりも陰湿なところがある、カラッとしていない・・・・


これをある人(作者)は、中国人は男性的(野生的という意味)で、日本の男子は女性みたいだと言っている。

于先生に薦めていただいた本で

「男脳 中国 女脳 日本」 があるのです。

読んでいくうちに

中国の人とはかかわりたくないと思ったのですが(笑)

同時に日本人の線の弱さ、細さが分かりました。

繊細であるというか、ちょっとしたことを気にして

イジイジしている

女々しいという言葉がありますが

女と書くけど

男のことを言っていますよね。涙

最近では女性の方が強いので

女々しいも死語になっていると思うのですが(笑)

日本の男性は、気持ちが女性的(繊細過ぎると言う意味)なのです。

昨日、テレビで

「新型の鬱(うつ)」について放映していました。

新しいタイプの鬱とは、叱られたり、怒鳴られたりした経験がないので

会社などの社会で適応できない人が徐々に内にこもっていくというものです。

物事を良い方に受け取るのではなく、悪い方、ネガティブな方に受取ってしまう。

自分を守ろうとする意識が強いので、相手を責めてしまう。

自意識過剰なんですね。

先輩や上司の愛のムチが通用しなくなっている。(一人前にしてやろう、鍛えてやろうとしてもその前に凹む)

中国の人は、いつ自分がやられるかわからない、やられる前に自分がやらねば生きていけない環境の中で育ってきました。

だから強くなければ、嘘をつかなければ、人を騙さなければ、したたかでなければ生きていけなかったのです。

だから精神的にもの凄く強いのです。

おそらく日本人が鬱になった原因を聞いたら

「信じられない!」と言うでしょう。

そして、打たれ弱いことを知ったら(もう知っていますよね)

それを武器につけ込んでくるでしょう。

私はこの本を読んで

作者の人のおっしゃる通り、自分の弱さに気づいたのです。

そういう意味では女性的であったのかもしれません。

この本は、中国人も日本人のこともボロクソに書いてあるので

途中でマイナスが入ったようになって凹みそうになりますが

読み終わった後は

「よし、それなら強くなってやろうじゃないか」

と勇気が湧いてくるのです(笑)。

ところで


映画にも本にも、作者の人が一番言いたい所(クライマックス)があります。

次の日記で本の中から抜粋しますのでまたまたよかったらお付き合いください。



  

« 自立について 2 | トップページ | 中国人と日本人 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/45082002

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人と日本人 1:

« 自立について 2 | トップページ | 中国人と日本人 2 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ