« 仕事について(エネルギー編) 3 | トップページ | アメリカインディアンの教え 2 »

2012年4月13日 (金)

アメリカインディアンの教え 1

 
  
良書って本当のことが書いてあっても、正しいことが書いてあっても、うんうんとうなずくような説得力があるようなことが書いてあっても、気づきが多いことが書いてあっても

それだけではダメだと思うのです。

読んだ後で明るくなって、元気が出てきて、前向きになろうとするものでないと・・・・。

今巷に溢れている情報も、残念ながらネガティブなものが多いです。

9割が暗いものだし、ネットもたくさんの情報に溢れているけど

疑心暗鬼になるものがたくさんある。

私たちは、そのネガティブなエネルギーをいつの間にかいっぱい受けてしまっている。

なんのための情報なのか?

なんのために本を読むのか?

なんのためのブログであったりツイッターであったり、facebookであったり、mixiなのか(笑)。

私はこれから日記を書いていく上で、後味がスッキリなるような、プラスのみの、そしてプラス思考になるにはどうしたらいいのか?

解決方法をしっかり書いて終わるような文章をかいていきたいと思っています。

ところで話は変って(笑)

私は未来を明るくするのは、こどもたちが健全な魂で育つことだと思っています。

そして元、子どもだった今の大人たちは、残念ながら健全に育たないまま大人になってしまった。無限なる光 ぴかぴか(新しい)

これからは素晴らしく健全に育った子どもたちの姿を観て、触れて大人が目覚めていくのが理想でもあるしこれからの姿だと思っています。

そのためには大人がこどもたちに対する接し方を変えないといけません。

では、健全とはなんなのか?

私は魂が宇宙に真っすぐに延びてゆく様子をイメージしています。

宇宙とは、人間の原点です。

素(もと)です。

宇宙(素)に真っすぐつながっていることを

素直といい

宇宙には曇りや雨はなくいつも晴れていることから

素晴らしい!

というのだそうです。

素晴らしい! 素直な子

これが本来のこどもたちの姿でもあり

大人の姿でもあると思うのです。

次の日記ではアメリカインディアンの教えから

子どもに対する接し方について書かれた言葉をご紹介します。

インディアンには、子どもを育てるために自然から、宇宙の根源からよみとった、いわゆる直観力から出てきた素晴らしい、心打たれる言葉があるのです。



 


 

« 仕事について(エネルギー編) 3 | トップページ | アメリカインディアンの教え 2 »

コメント

  
そうですね、ブログの背景を変えると雰囲気も全然違ってきますね。

私も着るものとか無頓着にならず、少しは気を使おうかな(笑)。

昔、会話の中で自分が嘘をついていないと主張するとき

「インディアン嘘つかない!」と言っていたことを想い出しました。(あんたはインディアンか?と突っ込まれましたが)

奈良の山奥に住んでた妻も知っていたそうです。(失礼)

全国区だったのかな?

 

緑になってきれいになりましたね。
インディアンの教えもいいですね~。ありがとうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44866745

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカインディアンの教え 1:

« 仕事について(エネルギー編) 3 | トップページ | アメリカインディアンの教え 2 »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ