« 友人を求める前に自分自身を愛する 1 | トップページ | 流す、外す、消す 1 »

2012年4月11日 (水)

友人を求める前に自分自身を愛する 2

      
  
できるだけ多くの友人を欲しがり、知り合っただけで友人と認め、いつも誰か仲間と一緒にいないと落ち着かないのは、自分が危険な状態になっているという証拠だ。

本当の自分を探すために、誰かを求める。

自分をもっと相手にしてほしいから、友人を求める。

漠然とした安心を求めて誰かに頼る。

なぜ、そうなるのか。

孤独だからだ。

なぜ、孤独なのか。 自分自身を愛することがうまくいってないからだ。

しかし、そんなインスタントな友人をいくら多く広く持ったとしても、孤独の傷は癒されず、自分を愛するようにはなれない。

ごまかしにすぎないからだ。

自分を本当に愛するためには、まず自分の力だけを使って何かに取り組まなければならない。

自分の足で高みを目指して歩かなければならない。

そこには苦痛がある。

しかしそれは、心の筋肉を鍛える苦痛なのだ。



        
               ニーチェ






詩でも歌でも、本でも読んだ(聴いた)後でその人の心が明るくなって前向きになれるものでなければ、読まない方(聴かない方)がいいと思うのです。

本が嫌い、苦手な人とは、良書に出逢ったことがないのかもしれません。

ニーチェのこの詩を読んでいると友人をつくるのでも自分を愛していないと意味がないと書いてあります。

その通りだと思う。

しかし

だったら自分を愛せない人は友達をつくってはいけないのか?

になってしまう。

これだったら、読まない方がよかったになるのです(笑)。

問題は自分自身を愛する方法が書いてないとダメですよね。

最後の方の文章で



自分を本当に愛するためには、まず自分の力だけを使って何かに取り組まなければならない。

自分の足で高みを目指して歩かなければならない。

そこには苦痛がある。

しかしそれは、心の筋肉を鍛える苦痛なのだ。


とあります。

ここで気づく人はいい

苦痛に耐えれる人はいい(笑)

だけどこれだけで気づける人が何人いるか?



そんなことをふと考えたのでした。

「自分自身を愛すること」

「自分を好きになること」

これが出来ればどんなに素晴らしいことでしょうわーい(嬉しい顔)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




私は、ダメな自分も弱い自分も

自分で自分をそのまま丸ごと抱きしめてあげればいいと思うのです。

子どもが母親の胸に抱かれるように・・・・。

母親になった自分が今の自分を抱きしめるように(実際に自分で自分を抱きしめてみるとほんとに気持ちがいいです)

それは無条件の愛ですよね。

自分で自分を癒してあげる

それしかないと思うのです。

これからどうするかは二の次、三の次

自分しか自分を癒せることは絶対に出来ません。



そして十分に癒されたときに

本当の元気が

心の奥底から

湧いて来ます。



それから始めたら

いいのです。



  

« 友人を求める前に自分自身を愛する 1 | トップページ | 流す、外す、消す 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44838155

この記事へのトラックバック一覧です: 友人を求める前に自分自身を愛する 2:

« 友人を求める前に自分自身を愛する 1 | トップページ | 流す、外す、消す 1 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ