« 「天国言葉」と「地獄言葉」 出来ることから始めよう! | トップページ | 思わんとあきまへんなぁ 2 »

2012年4月 8日 (日)

思わんとあきまへんなぁ  1

  
 
  
思うってつまり、イメージすることですよね。

自分が○○になりたい!

○○したい!

と思ったらイメージしないとダメなんです。

心の中にあるものを外(具現化)させるには

強く思わなければならない

強く思ったら

エネルギーは、そう成る(成就)方に向って走り出す。

そうなるとゴールの途中でいろんなことが起きてくる。

これがプロセス(原因)になるのです。

でも、もう成功法則(宇宙の法則)に乗っているので

ほとんど障害物はない。

その場その場で心をクリアー、クリーン、ニュートラルにしていれば

難しい決断を迫られることもないのです。

ただし、この方法でみんなが喜ぶのだろうか?

幸せになるのだろうか?

神様がいらっしゃるとして

神様は認めてくださるのだろうか?

と検証することは必要です。

私たちは、自分が理想とする姿をつくろうとします。

そしてすぐにその方法(メソッド)を考えてしまう。

思うことよりも、イメージすることよりも

先に

そうなるためにはどうしたらいいか?

を探してしまうのです。

エネルギーが未だ、注がれていないのに

目にみえないもの(エネルギー)が整っていないのに

目にみえるものを現わそうとしているのです。

エネルギーが先です。

エネルギーとは人の思いです。

念力ではありません。

確かに念力は凄い力を持っている

戦争の武器にもなったりします。

人をマインドコントロールすることも出来る。

しかし、それは宇宙(神)が認めたものではないので

すぐにダメになってしまうのです。

念力をかけるにはもの凄いエネルギーが要ります。

体力も頭もへとへとに疲れ果てるまで使わないと持続できないのです。

当然、神様も応援してくれません。

終いには、自分の心と身体がやられてしまう。

それは無限のエネルギーではないからです。

宇宙法則に則っていないからです。

巷の「パワー」と言われているものは

すべてとは言いませんが

ほとんどが念力です。

想いの力を違う方に使ってしまっています。

「使い方」「考え方」 が非常に大事なんです。


あッ又、話が違う方にいってしまいましたね(笑)。


思いは実現する

しかしそのパワーは、宇宙が味方してくれることに使わなければ

とんでもないことになる。

そのことを参考にしていただいて

稲盛和夫さんの著書 ≪生きる≫ から「思わんとあきまへんなぁ」を抜粋した文章を読んで戴いたら幸いです。




  
 
追伸

思いのパワーを自分の夢の実現、病気が治るという個人的なことに使うのは、もちろんOKだと思います。

ただしその夢の向こうにはみんな(自分も含め)が喜んでいる姿をイメージしてくださいね。

  
    
  

« 「天国言葉」と「地獄言葉」 出来ることから始めよう! | トップページ | 思わんとあきまへんなぁ 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44801193

この記事へのトラックバック一覧です: 思わんとあきまへんなぁ  1:

« 「天国言葉」と「地獄言葉」 出来ることから始めよう! | トップページ | 思わんとあきまへんなぁ 2 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ