« もう一つのツイッター 3 | トップページ | 私が最終的にお伝えしたいこと »

2012年3月13日 (火)

一切のマイナスを認めないなんて出来るのか?

  
  
相手の良いところだけを見て、マイナスを一切見ない。そうすれば相手のプラスだけが大きくなってゆき、いつの間にかマイナスは無くなっている。


みなさんも子どもを育てる上で聞かれたことがあると思います。


でもついついマイナスに目が行ってしまい、そのマイナスを大きくしてしまっている。

そしてプラスが小さくなってしまったので、見つけるのに意識をしないと見つけられなくなってしまっている(笑)。


昨日、新聞を読んでいたらサッカーのブラジル人の監督さんの話が載っていました。


「僕が『あの選手はなんで、こんなこともできないんだろう』と言うと、ブラジル人指導者は必ず『いや、あいつだから、ここまでできたんだよ』 と返す。 ものごとを悲観的にとらえない。


凄いですよね、素晴らしいですよね 涙

こんな監督さんに育てられた選手の人たちは幸せですよね。


読んでいてジーンとして来ました。 泣き顔


これぞ、人即神也だと思うのです。


人間は不完全なんかじゃない。(マイナスなんてないんだ)


完璧(パーフェクト)な存在なんだ!


それを忘れているだけなんだ。




 
世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



我即神也

人類即神也




  

« もう一つのツイッター 3 | トップページ | 私が最終的にお伝えしたいこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44476176

この記事へのトラックバック一覧です: 一切のマイナスを認めないなんて出来るのか?:

« もう一つのツイッター 3 | トップページ | 私が最終的にお伝えしたいこと »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ