« 寛容になる 1 | トップページ | 意識次第で住む世界が決まる »

2012年3月 2日 (金)

寛容になる 2

 
  
ある男の話である。


この男の隣人が、自分のにわとりを男が盗んだと村中に言いふらしていた。

男には心当たりがないので、そのまま放っておいた。

しかし、男の女房は犯人が自分ではないことを弁明しなさいと言った。

「好きなように言わせておけば、いずれ隣の人の気も張れるだろう」

今度は反対隣の人が、雨でできた水溜まりの水を男のほうに掃き流した。

それを知った男の女房は隣の人に文句を言ったらいいと男に言った。

しかし、男の答はこうだった。

「晴れればいずれ乾くだろうから放っておきなさい」


男は常にこうして、何事も寛容に対した。

小さなことに文句を言っても諍(いさか)いを生むだけだと知っていたからだ。

男の寛容さに周囲の者は好感を持つようになっていった。

さて、男が寛容であることにつけこんで、物盗りが男の家に押し入ってきた。

さすがに男も慌てたが、その騒ぎを聞きつけて両隣の者が男の家に駆け込んできた。

そして賊を追い払ったのだった。

寛容であることが生んだちょっといい話である。




 諸葛孔明 人間力を伸ばす七つの教え Yao Lei 著





 
 
 
感想


実際ここまで寛容でいられるのか?

または寛容過ぎていいのか?

と思われる人もいるかもしれません。

でも現実を生きていると

この話に書いてあるようなことの連続ですよね。

だから私たちも 

しょっちゅう感情的になってしまう

人間関係が常にぎくしゃくしてしまう

空気(雰囲気)が悪くなる

でもそんなところに

大らかな

寛容な人がいたらどうでしょう?

きっとその場は

天国のような “場”

になると思うのです。

私は そのような “場”

器になることを自分自身に誓います。 
わーい(嬉しい顔) 手(チョキ)


  



  

« 寛容になる 1 | トップページ | 意識次第で住む世界が決まる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44342770

この記事へのトラックバック一覧です: 寛容になる 2:

« 寛容になる 1 | トップページ | 意識次第で住む世界が決まる »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ