« ちょっといい話 | トップページ | 私を変えた体験談 2 »

2012年3月30日 (金)

私を変えた体験談 1

  
  
  
「仕事はおもしろい」という本の中で、斎藤一人さんは、本音として実は仕事なんておもしろくない!って言っているのです。

言い切っているのです。

ほとんどの人はそう思っていると思います。

朝、眠くても行かなければならない、したくない仕事をさせられる、嫌な上司や気の合わない同僚がいる、拘束時間がある上に残業もさせられる、逆らうとクビになるから言いたいことも言えない・・・・・・


仕事を離れたプライベートだったら避けれることもあるのに仕事場はまず逃げ場がない、我慢するしかない


「仕事なんだから当り前だ!」 「お金をもらうということは嫌なことと引き換えなんだ」 「苦労しないと一人前になれないんだ」 なんて言う人もいます。

ネガティブなことがいっぱいあるし、嫌なエネルギーの中で包まれている。

まさに、修羅場です。

辛いことを耐えるために修行をさせられているみたい。

斎藤一人さんはそう認めているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただそこでそのまま終わっちゃあおもしろくない わーい(嬉しい顔)

おもしろくないのなら自分でおもしろいように

変えちゃおう(ここがみそですよね)


自分の意識、考え方、思い方次第で見方が全然変わってゆく

マイナスのものがプラスに思えてくる

嫌な人がそうでもない人、そして「いい人だったんだ」になっていく(笑)

嫌で嫌でしかたがなかった仕事がゲーム感覚(工夫)にしただけでおもしろくなってきた

周りの環境を変えようとするから難しいし限界を感じるのだ。

自分の気持ちを変えることにエネルギーを注ぐと

まったく違う世界になっていく

奇蹟って

自分の心境が変わることだと思うのです。

心の中にまったく違う世界が顕われるからです。(感じ方も変わってくる)

地獄の中にいる心境だったのが

天国に住んでいるような心境になった♪





私たちは創造主です。

自分で自分の世界を創ることが出来る。

そしてそれが周りをも変えてゆくことになる。

動物と違うところはそこのところなのです。

動物は神様がつくった被造物です。

自分の想いで世界を創ってゆくことができません。

しかし、私たち人間は神様の力がそのまま肉体に宿っているのです。

物質的に見れば、動物もサルも人間もそんなに変わらないのだけど

中身(本質、元)が全然違うのです。

そして中身(心)が変われば、自分も周りもいくらでも変えることが出来るのです。

心が変わるとそれが外に出ようとする

そして外も変わってゆく・・・・・。(人も物質も)

それが奇跡なのです。


これからいくつかの「私を変えた体験談」をご紹介します。

奇跡とは、昨日の自分(今までの自分)と今の自分が違っていることを言うのです。

それは自分を変えた体験から始まります。




  



  

  

« ちょっといい話 | トップページ | 私を変えた体験談 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44689904

この記事へのトラックバック一覧です: 私を変えた体験談 1:

« ちょっといい話 | トップページ | 私を変えた体験談 2 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ