« 己を知る、自分に勝つ、足るを知る | トップページ | 26日のツィート »

2012年3月26日 (月)

幸せの種の育て方 最終章

  
  
 
ほとんどの人がAという道を行こうとしているのに、「私はBを行く!」と、何の迷いも躊躇もなく決断している人が極くわずかですが存在します。

その人は損得で判断せずに自分の直観で決めている。

「Bにした根拠は?」と聞かれても「そんなものはない」と答え、「Aにしといた方がいいんじゃない」と言われてもびくともしない。

それはただの直観ではなく、目にみえない何かが自分に訴えかけて来るのを感じているのだと思うのです。(私もまさしくそのタイプです(笑))

たぶん、守護霊、守護神からのチカラが強くて光が強烈なんだと思うのです。

だから肝腎なところ、人生の岐路に立っているときは、本人が何の根拠もないのに

「これで間違いない!」と魂が震えるようなエネルギーを受けているのです。

それを素直に受けて、直観のまま実行していれば絶対に間違いはないのです。(宇宙法則に乗るから)

守護霊様はその場その場の利益があるかないかで直観を与えたりはしません。

そのときには損をするかもしれないけれど、後々になってその人が幸せになり、かつ魂の成長に役立つ方を選ばせようとします。

だから守られているその人にとっては、都合の悪いことかもしれない。

「かわいい子には旅をさせろ」とは魂が成長させれるのなら苦労でもなんでもさせなさいということです。(でも耐えれない苦労は絶対にこない)

しかし、人間はすぐ良いことが起こることを欲している。

だから人間と守護霊の考え方が違うことがあるのです。

そして人間は、直観で知らせてきても無視をしたり(笑)後ろめたさを感じながらも(スッキリしていない)Aを選択してしまう。

私たちは直観に素直になることが大切だと思うのです。

そうでないといつも中途半端なまま

人間のままで本当の人(霊止)=神になることが出来ない。(無限なる可能性!)

でも大丈夫、地球人類が救われることは決まっています。

ただ救う側に行くか、救われる側に行くかです。

早く目覚めた人は、輝き始めるので救う側に回ります。

今、神々は人間が一刻も早く目覚めることを願っているのです。

そうすれば早く地上天国が訪れるからです。

また前置きが長くなってしまいました(笑)。

「幸せの種の育て方」最終回です。



 

 
真の目覚めをもたらす直観力

 

人間のすべての苦悩は自分自身で創りあげてきたもの、それは、真理を知らずして、無意識に積みあげてきたものなのである。


人類は一人一人が真理に目覚めた時、初めて真の幸せ、真の自由を体得出来るものなのである。

私は常日頃、人間一人一人の心の複雑怪奇なるさまを見つづけているため、それを出来るだけ解いてさしあげたいという気持ちで一杯なのである。

そのために、一日も早く、一刻も早く人間神の子観に触れることをお勧めするのである。

目覚める時は不思議なもので、一瞬のうちに目覚めてゆくのである。

真の目覚めとは時を重ねて、努力して、忍耐して、勉強しつづけて目覚めるものではないのである。

それは知識によって判るものではない。

いや知識で判ろうとしているうちは、真の目覚めはあり得ないのである。

真の目覚めとは、本来すべての人間に備わっている直観力をとり戻すことにあるのである。

この直観力こそ、神の光が自由自在に交流している場なのである。

この本来誰しもが持っている素晴らしい直観力を使わずして、知識のみを駆使しているからこそ、本来苦しまなくてもよいのに苦しみ、悩まなくてもよいのに悩み、迷わなくてもよいのに迷い、余計な苦労を背負っているのである。

あなたの直観力は冴えわたっているのである。今すぐあなたの心をその直観力に合わせなさい。

あなたの直観力はすべてを把握している。

あなたの直観力は、今何を為すべきか、今何を必要としているか、今何を目指して歩むべきか、すべてを読みとっているのである。

あなたが今までに溜めこんできたいかなる知識をもってしても、あなたの前に積まれている難題をクリアーにすることは無理であろう。

どんな膨大な量の知識を自分のものにしたとしても、所詮それは過去の体験である。

それらは人間がつくり、編み出してきたもので、現在のあなたの真の方向づけのためには決して役立たない。

少しは役立つかも知れないが、根本解決にはなり得ないのである。

結局、自分の人生を操っている自分自身が変わらずして、いかなる知識をもってしても問題解決は不可能としかいいようがない。

自分自身を変える唯一の方法は、自分の直観力に頼ることである。

どんな人も生まれながらにしてその直観力を持ち合わせているのである。

今日まで、いかに多くの人々が知識のみを頼りに生きてきたことか。

その結果は皆様方のよく知っておられる通りである。

その結果、戦争につぐ戦争、病気につぐ病気、そして飢餓など、あらゆる非哀や苦悩が人類にもたらされてきたのである。

ここへ来てようやく、人類一人一人が心して目覚める時が来たのである。

人類はいつまでも同じ生き方を繰り返していてはならない。

目覚めた人々が、次々と出現して、この世界を神の世界へと変えてゆかなければならないのである。

人間は本来神の子であるから、どんな人間も光輝いているものなのである。

そして、幸福、富、健康、歓喜、繁栄など人間が欲する生き方をしたいと思ったら、心の焦点をそこに合わせると、その生き方に沿った原因が自然に引き寄せられて、結果に一致するような状況へ導かれてゆくのである。

もっと詳しく説明すると、もし私が、今とても苦しんでいるとする。そして何とか幸せになりたいと思う。

そのために自分の心を常に神の無限なるものに合わせてゆこうと努力する。

心はいつも神の無限なるものに合わされているとは限らないが、今までのように、苦しい状態に心が100%向けられてとらわれている時とは雲泥の差である。

人間神の子観を深め、光明思想に徹する努力をしていると、その人の心が放つ光明思想の波長がそれを成り立たせるような原因を引きつける働きをする。

そして、その人が望んでいるような状況を創りあげてゆくにふさわしい、素晴らしい人や物や才能やひらめきを引きつけ、自分の望むような幸せな状況へと導いてゆくのである。

この生き方を素直に信じ行じてゆくと、いつの間にか、自分自身が素晴らしく変わってゆくのに気がつくはずである。

一にも二にも、自分自身を変えてゆくことが、幸せになるための第一歩なのである。



 白光出版小冊子 『幸せを創る光明思想━果因説について』より






追伸

実は昨日、調和波動気功法のセミナーで于先生にご紹介いただいた本があるのですが、その内容が果因律そのものなのです。

先に自分が成りたい姿(結果)を心の中に創ってしまう。その姿にエネルギーをどんどんと注いでゆく。すると本当にその通りになってしまう。

エネルギーを未来の明るい姿に向けるだけなんですよね。

その方が毎日楽しく過ごせます。

なんでこんなに善い方法がみつからなかったんだろう?

そう思ってしまうような素晴らしい本です。

その本と幸せの種の育て方(果因律)を重ねて読むともっとわかりやすいと思います。

是非、読まれてみてください。



「仕事はおもしろい」 斎藤一人 マキノ出版


   
  
  

« 己を知る、自分に勝つ、足るを知る | トップページ | 26日のツィート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44642874

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの種の育て方 最終章:

« 己を知る、自分に勝つ、足るを知る | トップページ | 26日のツィート »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ