« 人間は大馬鹿者なのか?それとも素晴らしい存在なのか? | トップページ | 人間は大馬鹿者なのか?・・・・3 »

2012年3月18日 (日)

人間は大馬鹿者なのか・・・・2

    
   

世界平和の祈りの原理



業生の人間が祈る祈りでない


世界が平和だとよい、戦争がないとよい、天変地変がないように、自分たちが幸福であるように、とは、正気の人である限りは想っているに違いありません。

そして中には、世界人類が平和でありますように、戦争がありませんように、と時折は神に祈っている人もあるでしょう。

しかし、そうした想いや、そうした祈りと、私の提唱している世界平和の祈りとは、根底的にまるで違っているのであります。

世界平和の祈りとは、そのような力弱い希望的想いや、懇願的祈りではないのです。


私の世界平和の祈りは、この地上人類の今日の苦難を知っておられた、大神様の分れであり守護の神霊の集いである救世の大光明に、私共人類の業想念、迷いの想念をすべて投入してしまって、救世の大光明と、地上人類の分霊的光明とを一つにつなげる祈りなのであります。

ただいたずらに、願望的に世界平和を想ったりするぐらいで、この業想念に満ちている地上世界が平和になるわけがありません。

また真剣に、真摯に世界平和の祈りをする人々があったとしても、その祈りが、この地上世界の悪想念、悪行為を認めながらの祈りであっては、とうていこの世界が平和になりっこはないのであります。

私の提唱する世界平和の祈りは、業想念世界に生活し、業想念の行為で生活する人間がする祈りではないのです。

業想念とは、この世には善もあり、真もあり、迷いもあるというふつう一般の人々の考え方ではありますが、私の祈りは、そうした考えを基にして神に祈るというような祈り方ではありません。


 神様の世界には不和や闘争などない、平和そのものなのだ、人間はそうした神さまの世界に自分の生命根源をおいているもので、神の分霊そのものなのだ、だから、人間各自が自己が神の分霊であることを悟りさえすれば、自然に神の世界がこの地上界にもひらけてくるのだ、ということを根底にして、世界平和の祈りをするのであります。







 
感想

同じ祈るのでも、「人間は馬鹿者なんだ」という意識の中で祈るのと自己が神の分霊であるという意識の中で祈るのとでは雲泥万里の差があるんですね。 意識がどこにあるのかによって、人はどこの世界にも瞬時に行くんだということがわかりました。
 わーい(嬉しい顔)



  

« 人間は大馬鹿者なのか?それとも素晴らしい存在なのか? | トップページ | 人間は大馬鹿者なのか?・・・・3 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44532127

この記事へのトラックバック一覧です: 人間は大馬鹿者なのか・・・・2:

« 人間は大馬鹿者なのか?それとも素晴らしい存在なのか? | トップページ | 人間は大馬鹿者なのか?・・・・3 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ