« 倹約は美徳 2 | トップページ | 寛容になる 2 »

2012年3月 2日 (金)

寛容になる 1

  
  
 
自分が寛容で、とてつもなく広い心を持っていたならどんなに心が平穏で、平和、幸せに生きていけるだろうと思います。

人が自分にどんなにきつい、厳しい、辛辣(しんらつ)なことを言ってきても、理不尽なことをしてきても

「まあまあ、そのうちどうにかなるだろう」 

「時間が解決してくれるさ」

フランス語で

「ケセラ・セラ」

という言葉があります。(歌もある)

「なるようになれ!」

という意味ですが

そんな大らかな大きな気持ちでみんなが生きて行けたなら

きっと世界は平和になると思います。


寛容になるにはどうしたらいいか?

私は自分の努力でそうなれると思うのです。

「神さま、私を寛容な寛大な心の広い人間にしてください」

とお願いしていれば

心掛けていれば

いつかしらない間に

そんな自分になっていた・・・・・。


私は本を読んでいて

“自分はこういう人間になりたい”

と強く思った文章がありました。


次の章でご紹介しますのでお付き合いください。



  


  

« 倹約は美徳 2 | トップページ | 寛容になる 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44342652

この記事へのトラックバック一覧です: 寛容になる 1:

« 倹約は美徳 2 | トップページ | 寛容になる 2 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ