« 自信を持ち、強くなるにはどうしたらいいか? | トップページ | 日々の指針 »

2012年3月27日 (火)

27日のツイッター


 

1.“幸せに輝いている人を見てみよう。きっとその人は人の行ないを裁かないのであろう。人々の行ないにその善意を見ているのであろう。人を軽蔑するような心はないのであろう。その人はすべての人々の美点のみを見て美点のみを語るのであろう。だからその人はいつも美しく光輝いているのであろう。”  (西園寺昌美)



1. 資格や技術を修得することはよいと思うが、修得後に自分が活躍し人が喜んでいる姿がイメージ出来るのかをやってみよう。もしイメージできなければ需要が少ないことになる。将来何が求められ何が必要になって行くか?先を見通す目が必要である。努力をしても役に立たなければ食べてはいけない。



1. 人は「あの人に傷つけらた」と言う。しかしその人が心の中に傷つけられる要素(マイナスのタネ)を持っていなければ何を言われたとしても決して傷つくことはない。心の中にマイナスを入れない努力をしよう。プラスのみに意識を合わせよう。調和波動気功法



1. 一人さんの本を読んでいると、人を褒めるってすごく大切なことだと思う。だけどなぜか日本人は相手のことを素晴らしいと思っていても言葉にしない。みんな褒められたがっているのに褒めれば喜んでくれるのに・・・「ほめて感謝する人にはツキが雪崩れ込む!」「この世で一番必要なのはほめる人間なんです」斎藤一人  



1. 大学の試験って「こういう人にうちの大学に来て欲しい」という意図を持って問題を作るのだそうです。だから落ちたということは相手のニーズと違ったということ、考え方に相違があったということ、相思相愛にはなれなかったということ。結婚する前にわかってよかったんだと思えばいいのです。




1. これからは中国が世界の経済を引っ張っていきます。中国とは世界の中心という意味だそうです。残念ながらアメリカは衰退して行く。だからこれからは中国語の需要が増えます。(現に増えている)英語を習得しようとしている人、中国語へ乗り換える勇気を持ってください。

1. 「中国語へ乗り換える勇気を持ってください」は言葉が悪いですよね。ごめんなさい、切り換えるに変更してください(笑)。親戚の子が英語を一生懸命にやってペラペラにまでなったのですが就職がまったくないのです。すごい努力をしていたことは偉いのですが、今は、時代の流れに合わせることが大切なのです。




  




  




 

« 自信を持ち、強くなるにはどうしたらいいか? | トップページ | 日々の指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/44653441

この記事へのトラックバック一覧です: 27日のツイッター:

« 自信を持ち、強くなるにはどうしたらいいか? | トップページ | 日々の指針 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ