« おとな「学問のすすめ」 | トップページ | 修行経験はいるか? »

2012年1月26日 (木)

メモ魔になろう!

  
  
  
インスピレーションとは直観のことだが、この直観はどこから来るかというと自分の本心から来る。

では本心はどこにあるかというと神界にある。

この神界と肉体人間の自分は遠く離れているので通りやすく中継をしてくれるのが守護霊、守護神なのだ。

宇宙(神界、本心)→守護神→守護霊→自分

だからいつも「守護霊さまありがとうございます」「守護神さまありがとうございます」 と唱えていると守護霊、守護神がピタッとくっついて守られやすくなり、通じやすくなる。

しかしこのインスピレーションというものは光なのですぐに流れ去ってしまう。

頭の中を去来するが記憶に留めておくのは難しい。


だから人間側としては 「来た~」電球 と感じたらすぐにメモを取らなければならない。

何かとてつもなく凄いことを思いついたんだけどなんだったのかどうしても思い出せないという人は多いと思う。

そして守護霊、守護神は同じことを何回も言ってはくれない。

一回もしくは数回しか送ってくれないのだ。

インスピレーションというヒントはくれるけどあとは人間にまかせている。

そうでないとこれでもかこれでもかって何回もヒントを出して助けていては甘えるからだ。

「自分はにぶいので何回も教えてください」

「今のはわかりにくかったのでもう一回言ってもらっていいですか?」

な~んてねむたいことは聞いてくれない(笑)。

宇宙のテーマも「自立」なのだ。

インスピレーションを大切にしている人は必ずメモを取っている。

エジソンもメモ魔だったらしい、膨大なメモを残していて死んでから随分たつのにまだ整理出来ないくらいメモが残っている。

アインシュタインもいつもメモを取っていた。

そのメモから相対性理論という世紀の大発見も生まれた。

アインシュタインの発見があったから今の科学は飛躍的に進歩したといえる。(おとなの学問 斎藤孝より)

天才もメモを取っていた。

いや天才だからインスピレーションの意味がわかっていて取っていたんだと思う。

私たちもメモを取れば天才になれる?

そうです。

宇宙の法則(メモを取る)に乗れば誰でも天才に成れるのです(笑)。

私たちはみな、どんな人でも天から才能を戴いている。

それを開花させるのが(ツールが)メモを取ることなのです。




  
 
お薦め図書


あなたを天才にする 「スマートノート」 岡田斗司夫 文藝春秋



 


      

« おとな「学問のすすめ」 | トップページ | 修行経験はいるか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43878618

この記事へのトラックバック一覧です: メモ魔になろう!:

« おとな「学問のすすめ」 | トップページ | 修行経験はいるか? »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ