« 足るを知る 2 | トップページ | 今年の私の新年の指針 »

2012年1月 9日 (月)

あきらめるとあきらかになる。

  
  
  
私の名前は朗(あきら)です。


だから私の名前からペンネームはグッドムーンと付けました。

そしてグッドムーンとは月が良いと書く。

つまりついているというおめでたい名前だったんですね。

だからみなさんついていないときは、グッドムーン、グッドムーンと唱えてください(笑)。

と冗談はここまでにしといて

いきなり堅い話になります(笑)。

人間とは人(霊止、霊とは神様なので神が宿っているという意味)と動物(不完全なもの)の間という意味なので、玉石混交、神性と動物性(感情的という意味)がいりまざった生命体なのです。


人間の成長とは、この動物性(不完全)が消えて完全なるもの(神)に近づいていくことをいいます。

今は不完全なるもの、未熟なもの、幼稚なもの、マイナスなもの、嫌なもの・・・が消えてゆこうとしている時期なのです。

消えるためには一旦は表われなければならない・・・。

この消えてゆく姿を見て私たちは嘆き、悲しみ、怒り・・・つまり感情に振り回されています。

「ああこれは消えてゆくんだ、消えると善くなっていくんだ」と思えば早く消える。

しかしそれにとらわれてしまい、つかんでしまうとなかなか消えない。

病気も貧乏もあらゆる苦しみもつかんで、もがかなければ、スーッときえてゆく。

なんとかしよう、なんとかしなければと思ってオロオロしているときはなかなか状況は変わらなかったのに、諦めて

「どうにでもなれ!」 と思ったときに

突然物事が好転していることがあるのは、心(執着心)を手放しているからなんです。

あきらめるとはあきらかになるということ、光が射すということ、明るくなるということです。(執着心という暗雲が、本心という太陽を覆っていた)

でも世間一般では

「あきらめるな! 頑張れ!」 っていいますよね(笑)。




だからあきらめなければいけないことと、あきらめてはいけないことがあるんですよね(笑)。


私は人の気持ちをコントロールすることはあきらめた方がいいと思います。

そして反対にあきらめてはいけないのは、自分の気持ちをコントロール出来るようになることです。


つまりどんなときにも自分の気持ちが慌てない、不動心、平常心であること。


私はこのことをあきらめないでこれからも努力していこうと思っています。
わーい(嬉しい顔)手(チョキ)


   
 
  

世界人類が平和でありますように




  

 

« 足るを知る 2 | トップページ | 今年の私の新年の指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43680628

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめるとあきらかになる。:

« 足るを知る 2 | トップページ | 今年の私の新年の指針 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ