« お笑いの世界 | トップページ | 今年の指針 »

2012年1月20日 (金)

ダルビュッシュの凄さ

  
   
 
ダルビュッシュがメジャーリーグのレンジャーズへの入団が決まったが、ダルビュッシュの凄さ、他の投手との違いが新聞に書いてあった。

2007年の北京五輪予選で巨人の阿部捕手が若手投手に、調子の悪いときにどう修正するかと尋ねたことがある。ダルビュッシュは

「自分のフォームが6種類くらいある。どれか試していればしっくりくる」と答え、阿部は「ほかの投手の参考にならない」 とあきれ顔で聞き流したそうだ。・・・・・

これって凄いですね~

でもこれは誰に教えてもらったのではなく自分だけの哲学、自分にしかわからない世界・・・・だから他の追随を許さないだけの力を備えている。

私は話しは違うかもしれないけど、人と会話、対話する上で

「私は経済、経営のことはどうも」

「音楽やスポーツのことも知らない、よくわからない」

「恋愛経験もないし人間関係はめんどくさいです」

とかでは人と交わって交流することは難しいと思うのです。

ダルビュッシュのように変化に対応できない

出たとこ勝負になってしまう

速球投手が

「今日は真っすぐが走っていない」

となったら

相手と対戦する前に

「打たれるかもしれない」

という恐怖と戦わなければならないのです。


人生相談をするのでもそうですよね。

「その分野の話は置いといて違う悩み、心配はないですか?」

では話になりませんよね(笑)。

先ほどのお笑いの話しではないけど

常にいろんな分野のこと

広く浅くでも知っておく必要があると思うのです。

詳しくは知らなくても本質(基礎、原点)はわかっている必要がある。

そのために今、自分は一番苦手な分野を

経験させられている

いろんな人の気持ちが分かるように

どんな人とも調和できるように・・・

だから嫌がらずに

「これを克服したら自分は完璧なんだ」

「この仕事を極めるんだ!」

という強い気持ち

そして、楽しむつもりでやればいいと思うのです。

ほとんどの人は今やっている仕事が最後です。(次は肉体では生まれることはない)

他はもう前世でクリアできているそうです。

嫌な仕事が好きになったとき

面白くなったとき

次の舞台(次元上昇)が用意されています。




   


« お笑いの世界 | トップページ | 今年の指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43815435

この記事へのトラックバック一覧です: ダルビュッシュの凄さ:

« お笑いの世界 | トップページ | 今年の指針 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ