« 波動について | トップページ | ユーモアとおち »

2011年12月26日 (月)

生きていれば必ず光は射す

  

  
 日本では

 一年に三万人以上の人々が

 自死しているという


 多種多様な問題や困難を

 一人で抱え込み

 誰に語ることなく

 不安、悲しみ、怒りや憤り

 無念や絶望の波が

 来る日も来る日も

 尽きることなく寄せては返し

 何の解決策も見出せないまま

 ついに自らが自らの命を断つ


 苦しみは逃げるのではなく

 受け入れてゆくのだ

 たとえ極限の中でさえ

 生きていれば必ず一条の光は射す

 人間には 自分の天命を

 果す義務と責任がある


 昨今 不幸にして

 若い人たちの自死も増えつづけているという


 やりたいことがない

 生きる張り合いがない

 何をしてよいか判らない

 毎日が虚しい・・・・という


 が、そういう若者は

 自分から何も求めようとはしない

 未来の希望も人生の目的もない

 ただ、毎日が無意味に過ぎてゆくだけ


 仕事も幸せも生きる喜びも

 ぼんやりと待っているだけでは

 向こうから何も飛び込んで来はしない


 自分から求める心

 働きたいという意欲

 世のために貢献したいという想い


 何事も真剣に

 自らが自らに働きかけてこそ

 初めて  人生が運ばれてゆくのだ


 一人一人の生命ほど尊いものはない

 この地上に

 自分という人間は二人と存在しないのだ

 まさに生命の奇跡


 ゆったりと一生かけて

 自らを磨き高め上げ

 内なる神性を引き出してゆくことこそ

 人類一人一人に与えられている天命なのだ


 何も死に急ぐことはない

 天命を信じて人事を尽せばよい

 すると必ずすべてはよくなる すべては調ってくるものだ


 結果 大成就あるのみ






         西園寺昌美





  

« 波動について | トップページ | ユーモアとおち »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43520529

この記事へのトラックバック一覧です: 生きていれば必ず光は射す:

« 波動について | トップページ | ユーモアとおち »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ