« 心に響く日々の指針 | トップページ | 薬も、運動も、食事療法も・・・・ »

2011年12月11日 (日)

心に響く日々の指針 2

  
  
  
・ あなたは一体、一日どれくらい真理探究のための時間を割いているであろうか。長い人生において、一回の心理の探求にも目をむけない人間は、長生きする理由がどこにあるであろうか。生きているということは、生かされているということにある。めまぐるしい仕事や雑事から逃れて、一人端座(たんざ)して、己の心に語りかける必要がある。
自分はなんのためにここにいるのか? なんのために生きているのか? 夫の為? 妻の為? 子供の為? 果してそれだけでよいのであろうか。
何か少しでも人の為に、社会の為に役立っているであろうか?
思い悩んでいる友に手をさしのべただろうか? 今まで果して何回、人様の為に尽してあげたことがあったであろうか? それでそれが少しでも判ったら、生きている価値があると思ってよい。 世界平和の祈りには、そのすべてが含まれている。





 

・ 宇宙の波動と自己に宿る生命のエネルギーを共鳴させることにより、肉体の緊張や疲れをやわらげると同時に、物事に集中させる力が湧き上がってくるものである。自然に帰れ。 自然とともに生きよ。 自然の中に神は宿っている。

 

 


・ おしゃべりの人や話し好きな人は、相手の話を本当に聴いてはいない。たとえ聴いていたとしても、ただ形ばかりで真意ではない。聴いているようにみえて、実は自分の話のことを考えているにすぎない。聴くという行為は相手の心と一つになって考えることなのである。
もしそれが難しかったら、まず相手の人を理解してあげることが、聴く人にとっても最も大事な行為なのである。





 

・  なぜ人間には二つの耳と一つの口があるのだろうか? それは自分の話すことの二倍聞くためである。 目はなぜ前の方についているのだろうか?
それは自分が常に未来に向いて突き進んでゆくものであって、決して過ぎ去った後を振り返って生きるものではないということだからである。



 

 
・ どうしてあなたはそんなに物を欲しがるのですか? あれも欲しい、これも欲しい。 家も建てたい、車も欲しい、レジャーを楽しむお金も欲しい。何故、今日もまた無事生かされていることに、あなたは満足しないのですか? もしすべてが叶えられたとしても、明日生きる保証がなければ、すべてが虚しいものとなってしまう。神様はあなたが本当に必要とするものであれば、必ず与えて下さるものです。
神に行かされていることに深く感謝すべきであって、決してあなた自身の力で生きているのではないのです。



 



    『日々の指針』 西園寺昌美 白光出版



  



    

« 心に響く日々の指針 | トップページ | 薬も、運動も、食事療法も・・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43339208

この記事へのトラックバック一覧です: 心に響く日々の指針 2:

« 心に響く日々の指針 | トップページ | 薬も、運動も、食事療法も・・・・ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ