« 日々の指針 | トップページ | 仮想世界から実世界へ »

2011年11月30日 (水)

人の評価を気にしてはいけない。

  
  
私たちは自分のことは自分が一番よくわかっているはずなのに、自分をよく知らない他人の言っていることを信じてしまうことがあります。

特に否定的に言ってくるものに弱いですよね(笑)。

私は最近、人の評価は気にしないでいいんじゃないか?と思えるようになってきました。(遅いかな?)

ノートにいろんなことを書いていたらそんなことを書き連ねていたのです。

よかったらお付き合いください。





 
人は表面的なもの(こと)だけでその人を判断している。つまり自分の世界でしか相手を見れていない。

自分の世界が狭かったら、狭い世界で相手を見、そして判断しているのだ。(自分の世界が否定的だったら見るもののほとんどがマイナスに見える、相手が嫌な奴、敵にみえる)


ほとんどの人は「あの人は○○だ」「あの人△△だから嫌い」と薄っぺらい表に現われていることだけで善悪、好き、嫌いと判断している。


もっと深い素の部分、本質的な部分がわかっていないと判断することなんて出来ないのだ。(わかったとしてもジャッジするべきではないが)


相手のちょっとした感情で 「あなたは善い人」 が 「あんたなんて最低!」と酷評されたことはないだろうか?


だがしかし人間というものは弱いものでこんな理不尽なわけのわからないことにも振り回されたりするのだ。


自由自在に生きるとは、つまり活き活きと生きるには、「人の生き様に振り回されないこと」とセミナーで教えていただきました。


人の生き様に振り回されないとは、その人の世界に干渉しない、入っていかないということなのかもしれませんね。




   

    

« 日々の指針 | トップページ | 仮想世界から実世界へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43205486

この記事へのトラックバック一覧です: 人の評価を気にしてはいけない。:

« 日々の指針 | トップページ | 仮想世界から実世界へ »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ