« 世界のひな形━日本 3 | トップページ | 私一人が祈ったって・・・・ »

2011年11月22日 (火)

世界のひな形━日本 4



  
・どんな些細なものでも与えられた仕事に全力をあげる、全生命をかけてするということが光になっていることなのです。

しかしいつでも全力をあげているということはないわけですから、暇が逢った時は欠かさず、世界平和、人類平和と自分の天命の完成されることを祈れ、というのです。


そうしていくうちに神と一体となり、不動の心、不動の精神をもつことができるのです。





 
・祈らねば平和はこない。





・いくら個人の平和、個人の利益、自由のみを願っても、世界の平和、人類の平和なくしては、それら一切の平和は成り立ちません。原爆が一発頭上に落ちれば、自己の平和など一瞬にして消滅してしまうものです。はかない消えてしまうような、そんな自分だけの平和は本当の平和ではないのです。



 
・相手をやっつける平和、人を倒す平和は本当の平和ではないのです。それは業であって、神、光ではないのです。

 





「世界のひな形━日本」  五井昌久 西園寺昌美 白光出版




  


 
  

« 世界のひな形━日本 3 | トップページ | 私一人が祈ったって・・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/43105275

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のひな形━日本 4:

« 世界のひな形━日本 3 | トップページ | 私一人が祈ったって・・・・ »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ