« 10月19日の気づき (肩の力を抜こう) | トップページ | 人は何を気にして生きていけばいいのか? »

2011年10月19日 (水)

10月19日の気づき (愛)

  

  
  
・自己愛と自分を愛することは違う、自己愛は肉体のおろかな自分を溺愛することなのだ、一方自分を愛するとは神である愛深い自分を愛することである。


 
 

・ 愛にはいくつもの段階がある。進化向上するとはこの愛の階段を一歩一歩上がっていくことなのだ。 愛が極まると神になる。 か~あ み~い





 
・ 自分がまったくない人を 美しい人 わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) という

 



・ 頑張ると一生懸命は全然違う、頑張るとは我を張ること、肉体でもがいているのだ、一生懸命は肉体の自分を捨てて、いのちを神様に預けることをいう。




 



  

« 10月19日の気づき (肩の力を抜こう) | トップページ | 人は何を気にして生きていけばいいのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/42593699

この記事へのトラックバック一覧です: 10月19日の気づき (愛):

« 10月19日の気づき (肩の力を抜こう) | トップページ | 人は何を気にして生きていけばいいのか? »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ