« 「死の美学」 | トップページ | 9月27日の気づき »

2011年9月26日 (月)

あるお坊さんの説法

  
  
私は仏教が好きです。

というよりお釈迦様が好きなのかもしれません。

日本には仏教がわかれてたくさんの宗派が出来ています。

でもその宗(もと)は同じですよね。

お釈迦様の教えがそのもとにあります。

ある仏教徒のお坊さんがおっしゃておられた言葉があります。

昨日、セミナーで于先生がお話ししてくださいました。




人として大切な事

3つあります。

心にジーンと沁みました。 
涙



1. 自立すること


2. お陰さまという心(感謝の気持ち)


3. お任せ (考えてもしかたないんだ、神様の中へ入っていくということ)



 
そして神様、仏様が人間に求めておられることは

一生懸命に努力しなさい、喜びなさい、感謝しなさい だそうです。

これは次元がどれだけ上昇しても変らない、金星などの進化した星(宇宙人)夜の人でも永遠普遍の真理なのだそうです。



   

« 「死の美学」 | トップページ | 9月27日の気づき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/42042483

この記事へのトラックバック一覧です: あるお坊さんの説法:

« 「死の美学」 | トップページ | 9月27日の気づき »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ