« 最近気づいたこと 19 | トップページ | どれもこれも神様に見えてくる 2 »

2011年9月 7日 (水)

どれもこれも神様に見えてくる 1

  
  
  
「この人は神様か」 と思える人がいます。(ほんとに少ないけど)

こんな人ばかりだったら世の中平和なのに・・・

争いごとも起こらないし、みんなが気持ちよく生きていける

誰もがそう思っていると思います。

だったら

善い人も悪い人も関係なく

みんな善い人に見えたら

どれだけ自分も幸せな気持ちになれるでしょう わーい(嬉しい顔)

本当に悟った人というのは

こういう人をいうのだと思うのです。


どんな悪人も

どんなに自分に都合の悪い人も

みんな

み~んな

神様

仏様に見える




五井先生のご著書にはそんなことが書いてありました。

地球が天国になるというのは

そういうことだと思うのです。







 
本文


どれもこれも神様に見えてくる



世界平和の祈りの一番最初の、根本の出方は、肉体人間の自分はダメなんだと、肉体人間のこの地球人類はダメなんだ、いっぺん否定してしまわなければダメです。



そうしないと、神様をぬきにしても、世界平和の祈りをぬきにして、なんか他に方法がある、という考え方になるんですよ。


他に方法があると思っている以上はダメです。


神のみ心から出てくる想い以外に、世界平和の祈り以外に、他にも方法があるだろう、という想い方でやっていたんでは、その信仰は成就しません。


途中で崩れます。


すべてが神のみ心だ。


「世界平和祈るは神のみ心のひびきにあれば祈るたのしさ」 で、すべて神様の中から出てくるんだ。


すべて神様の中から出てくるものを、自分は頂いて、自分の行ないとして生きてゆくんですね。


それならば首をパーンと切られてもいいですよ。


サーッと天国に行っちゃうからネ間違いなく。


そういう生き方をするのが宗教精神なのね。


お祈りをしたから、明日儲かって、お祈りしたから、今日病気が治って、そういうのは枝葉です。

うちでも随分そういう事実があるんだから、それでもいいですよ。

それは神様の心と波動があって、神様の中にその人の心が入った時、パーッとよくなってくる。

それだけ本心が開いてゆくんだから、その人が立派になってゆくんだから。

それは本当のよくなり方です。

有り難いですね。

立派にならないで、業想念をかぶせてしまって、それでもって商売繁盛したって、役が上になったって、業がかぶさって、欲がよけいに出てくるようじゃ、何にもならないでしょ。

そんなんだったら宗教なんて要らないです。

そういうことは私は教えない。

あくまでも本心が開いて、神様の子である本当の自分がここに現われてくることを念願して、私は教えているわけね。

 
それで一番いいのは、世界平和の祈りだと言うんですね。

世界平和の祈りの中に入ってしまう。

世界平和の祈りの中には、悪もなければ何にもない。

光り輝いている本当の姿があるだけなんです。

神の子の本当の姿があるだけなんです。

神の子の本当の姿がこの地上に現われてくるまで、いろいろな業想念が消えてゆく姿として現われてくるわけです。

それで全部、業想念が消えてしまう。

そうすると本当の世界平和の祈りがここに実るわけです。





「自分も光る人類も光る」 五井昌久 白光出版







  

« 最近気づいたこと 19 | トップページ | どれもこれも神様に見えてくる 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/41556089

この記事へのトラックバック一覧です: どれもこれも神様に見えてくる 1:

« 最近気づいたこと 19 | トップページ | どれもこれも神様に見えてくる 2 »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ