« 仕事(起業)について 1 | トップページ | 「人は死なない」 »

2011年9月28日 (水)

アインシュタインの宇宙観

  
  
ニュートリノが発見されて、これまでの理論がくつがえされる事態になるかもしれません。

アインシュタインの相対性理論が間違いだったと言われるかもしれません。

しかし私にはそんなことはどうでもよく、それよりもアインシュタインは素晴らしい人だったと思っているのです。

物理学者であったアインシュタインは天才と言われていました、天才に対してはいろんな説があると思いますが、本物の天才とは、天国、つまり神界の意識をそのまま3次元である地上に降ろせる人のことです。

だから普通の肉体人間とはそれこそ次元の違う考え(意識)を持っています。

アインシュタインは神界の何を人々に伝えたかったか?

自分の天命(使命)をなんだと思っていたか?

彼の人間観、宇宙観は何だったのか?

私はアインシュタインは間違いなく天才だったと思います。

それは宇宙の響き(バイブレーション)を知っていたから・・・

宇宙の響きとは愛です。

それもとてつもなく大きな 愛  

彼は自分(人間)という枠を外して自分の意識を広げたかったのだと思います。

科学を突き詰めていくと宇宙に行き着く

そして宗教、哲学・・・どんなことでも極めていくとそこは宇宙(愛)です。

アインシュタインの宇宙観は素晴らしい! 

ここにご紹介します。








「人間は宇宙と呼ばれる全体を構成する一部であるが時間と空間の枠に閉じ込められているために独立した自分が考えたり感じたりするものと理解する。

この理解は想念に生じた一種の幻像であって、我々の意識に対して牢獄のような作用をし、我々を自分の欲していることにのみに気を配ったり、身近の人々のみ愛情をそそぐようにしてしまう。
 
我々の使命は自分の意識をこの牢獄から解放し、すべての生物やすべての自然をあるがままの美しさで抱擁するまで自分の愛念の及ぶ範囲を拡げることである。

これは非常に難しい仕事で誰にも成就できないがその努力は自分を解放する道を歩むことであり、心の落ち着きをつちかうことである。」




    


« 仕事(起業)について 1 | トップページ | 「人は死なない」 »

コメント

 
 
わん子さま
 
世界平和の祈りありがとうございます。

そして嬉しいコメントありがとうございます。

読んでいただいて気持ちが落ち着いていただける、私が目指している最大の目的です。(真理の伝達もそうですが)

息子さん物理学を専攻されているのですね、今読んでいる本(「人は死なない」矢作直樹)にも“物理と宗教は一つになる”と書かれていました。

おっしゃるとおりすべてはつながっているのだと思います。

そして世界中のみんなが世界平和の祈りを祈るようになるのでしょうね。happy01


 
 

主人と先日亡くなった義母のおかげで世界平和の祈りを捧げるようになりました。色々不思議な体験もさせていただきました。グットムーンさんのブログを読んでいると何だか心が落ち着きます。長男もアインシュタインとはいきませんが、親には全く無知の物理学を専攻しています。目に見えないものは信用しない子ですが 突き詰めていくと繋がっていくような気がしてなりません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/42076412

この記事へのトラックバック一覧です: アインシュタインの宇宙観:

« 仕事(起業)について 1 | トップページ | 「人は死なない」 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ