« 偽善者になりたくない 10 | トップページ | 肉体の自他に期待するな 2 »

2011年9月 3日 (土)

肉体の自他に期待をするな

  
    

今回のタイトルは本当は 偽善者になりたくない11 なのですが、連続ではなく、いきなり読む人にも読んでいただきたいのであえて変えてみました。わーい(嬉しい顔)

実は、私がみなさんに読んでいただきたいことがこの後の本文には書かれているのです。

私たちのほとんどの苦しみは、自分や他人に期待するところから始まると思うのです。

自分はもっと力がある、自信を持ちたい、とか他人にも自分のことをわかって欲しい、自分が望むように相手にも共感して欲しい

常に自分にも相手にも自分に都合のいい状態を期待します。(自分中心にこの世が回って欲しいと思います)

しかし期待した通りにいくことの方が少ない。

期待する、期待が外れる、また期待する、また期待通りにいかない・・・・・・・

ある賢人、一流と言われる人は、

「相手の心はコントロール出来ないが自分の心はコントロール出来る」といいます。

その通りだと思います。

でも自分の心をコントロールすることも難しいです。げっそり

そしてやっぱり期待します。

コントロール出来る自分に期待をする。


自分は感情的になりやすいとします。

おこりっぽいとします。

わかっちゃいるけどなかなか治るものではない

冷静になることを期待しても

溢れ出る感情を抑えられない

期待通りに行かなくては

「やっぱり自分はダメだ」

になるのです。

 

そこで私は、ダメってなんなんだろう?

って思うのです。

ダメなのはダメなのか?

人間失格なのか?

どうしようもないのか?


そこでダメでもいいじゃん

になれば楽になりませんか?

ダメだからしかたがない

ダメは悪なんだ

ではなく

期待することをやめれば

ダメもないと思うのです。

期待するから

○○でなければならない

があるから

ダメも存在する

な~にも期待しなければ

「私はダメだ」

「おまえはダメだ」

はないのです。

肉体人間とは上っ面の表面の人間ということです。

表面の自分は確かにダメかもしれない

だけどその奥にある本当の自分は

素晴らしい

それでいいのではないでしょうか?

うその自分はダメだけれど本当の自分は光輝いているわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


この後の文章を読んでいただければそれがわかります。

よかったらお付き合いください。



 


 

肉体の自他に期待するな

 

私などずいぶんいろいろな人の経験をしています。

先生のためなら命もいらない、なんて言ったって、なんかで都合の悪くなれば離れてしまい、どこかへ行っちゃたりする。

それでまたやがて都合がよくなって

「先生、どうもご無沙汰いたしまして!」 とやって来ます。

私は肉体の人間など、悪いけれども、何にも信用していない。

私が信用しているのは、守護霊だけですよ。

皆さんの本心と守護霊守護神は信用していますけれど、さんざん恩を着せた人が他で悪口を言ったとしても、それは当たり前、消えてゆく姿だと思っています。

別に何とも思わない。

あのヤロウこのヤロウ、くやしいなんて思わない。

もう始めから諦めているから。

あんまり肉体人間に期待しちゃダメですよ。

友だちにも親にでも、なんでも期待しすぎると、しっぺ返しされますよ。

向こうは向こうの都合でやってんの。 実はこっちもこっちの都合でやってんの。

みんなお互いが都合でやってんですよね。

自分の都合で、この人を愛したほうがいい時は愛するし、離れた方がいい時は離れようとするわけなんです。

表面でも心でも同じことですよ。

それをいつでもいつでも、あの人は愛していてくれる、あの人はいつも私のためにやってくれる、こう思っていますと、向こうに他の友だちが出来たりして、向こうと親しくなって、こっちのことを忘れかけたりする。

そうすると、あの人はひどい人だ、あんなに誓った間柄なのに・・・・・恨み心が出てくるでしょ。

そういうのは凡夫のやることなんです。

業想念のやることなんだよね。

そういうやり方じゃダメなんです。

自分に対しても、他人に対しても、肉体人間は業想念の人間だから、肉体人間には一切期待してはならない。

火を見たら火事と思え、人を見たら泥棒と思え、そういうんじゃないんです。

そういう言い方じゃないんですよ私の言い方は。

肉体の人間を全部あてにしないこと。 そして世界平和の祈りの中から出て来た人だけは当てにするんです。

これは間違いないから。

もっと言い換えると、守護霊、守護神だけ相手にするんです。


Aという悪い人だとします。 しかしその守護霊守護神は、その悪いことを消そうと思って、一生懸命になっているんだ。 神様なんだから。

だから守護霊守護神さんに対して

“ああ守護霊さん守護神さん、どうぞあの人をよろしくお願いします。私との仲をうまくやってください” とこういうふうに頼んでおくのです。

そうすると、どんな悪い人でも守護霊守護神と結んじゃうと、今度、この人に対して敵対して来なくなるんです。 そういうやり方よ。





  「自分も光る人類も光る」 五井昌久 白光出版



 
   

« 偽善者になりたくない 10 | トップページ | 肉体の自他に期待するな 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/41489324

この記事へのトラックバック一覧です: 肉体の自他に期待をするな:

« 偽善者になりたくない 10 | トップページ | 肉体の自他に期待するな 2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ