« アセンションとはみんな(人類)が幸せになること | トップページ | 平原綾香 「おひさま~大切なあなたへ」 »

2011年9月 8日 (木)

どれもこれも神様に見えてくる 3

  
  
  
儲かったって、病気が治ったって、そんなものは大したことはない。

本当に消えてゆく姿なんだからね。

やがてはどうせ死んでじゃうんだもの。

肉体はどうせなくなっちゃう。 何が残るかというと心だけが残る。

永遠に残ってゆくのは心だけよ。

心だけが残っている。

生命と心ですね。

肉体は滅びるんです。


肉体に付随する肉体の損得なんて、二の次三の次。

ところが新興宗教に入るような人たちは、肉体の損得が最上のものなの。

明日のことはいいですよ。

今日のことですよ、来年より今月をよくしてくれ、というやってくるのよ。

そういうふうに言ってくる人には、ハイハイと言いますよ始めはね。

ポンポンとお浄めして、実際よくなってきます。

それで少しアメをなめさせておいて、しばらく経つと、だんだん本性を現わして、本当の話を始めますよ。

そのころには言われた人もわかってきますから、本心が開いてきているから、言われても、ごもっともごもっともということになる。

そのごもっともごもっともになると大したものよ。

現象利益を問わなくても

“ああ、ごもっともですね、先生有り難いなァ” とついて来られるようだったら、ふつうの人より偉くなっている。

そう思って自覚してなさい。 そうやって磨かれてくると、みんな偉くなってくる。

現象利益だけを追い回しているうちは、チャチな人です。

現象利益は誰だって追いますよ、思わない人はおりません。

誰だって病気の人は病気が治りたいのは当たり前だし、お金がない人はお金があったほうがいいに決まっているし、地位が低いよりは高いほうがいいんだし、これは当たり前で、本然の姿なんです。


高きを求め、完全円満なものを求めているんだから、形の世界でも良い生活を望むのは当たり前ですよ。

良い生活より貧乏生活がいいってことはないんだ。

負け惜しみなんですね。 

金がないより、あったほうがいいんです。

私だってそうなんだから。

そんなにないけれども、ただ把われないことよね。






 「自分が光る人類が光る」 五井昌久 白光出版




  



« アセンションとはみんな(人類)が幸せになること | トップページ | 平原綾香 「おひさま~大切なあなたへ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/41577383

この記事へのトラックバック一覧です: どれもこれも神様に見えてくる 3:

« アセンションとはみんな(人類)が幸せになること | トップページ | 平原綾香 「おひさま~大切なあなたへ」 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ