« ドラマの奥に何があるか? | トップページ | 人はみな認めてもらいたいんだ »

2011年8月 3日 (水)

対処療法で病気は・・・・・

  
  
  
父が前立腺のガンに罹りました。(父は78歳)

息子としてなにができるだろう?

なにがつたえられるだろう?

そして以前読んだことがある本の内容を想い出しました。

そこにはこんなことが書かれていました。

ガン細胞は35・Cで増殖し、39・3C以上になると死滅する

ガンは、心臓や脾臓、小腸になど体温の高い臓器にはまず絶対に発生しない。

逆に、ガンが多発する臓器は、食道、胃、肺、大腸、子宮などの中空になっており細胞が少なく体温の低い管腔臓器である。・・・・・


よって患部を温める温熱療法が有効である・・・と



そして父にそのことを伝え

「よさそうだからやってみたら」

と云いました。


しかし私の中では

「そのことをいうのが私の本当のすべきことではない」

とわかっていたのです。


ガンが消えることが大切なのか?

ガンが治れば父は幸せになれるのか?

ガンになってもならなくてもそれはどうでもいいことではないのか?


最後の言葉はちょっと過激で不謹慎かもしれませんが

人間いつかは死にます、病気にもなります。

それを人を不幸といいます。

だったら死ななかったら、病気にならなかったら人間は本当に幸せになれるのか?


それは違うと思うのです。

私は真理を探求し追究しています。

そこからわかったことは


人間は神そのものである

人間の命は永遠である

人間は肉体界と同時に幽界、霊界、神界にも生きている

人間は神の愛によって生かされている

人間は必ず守護霊、守護神によって守られてる

人間は神を知り、自分を知ることによって初めて幸せになれる


などです。

その根本のことを伝えずに

枝葉の対処療法を伝えるのは違うのです。

今の父にとって

どちらが受け入れてもらいやすいか?

真理よりも一般的な話の方が伝わりやすいからと

私は思ってしまったのです。


対処療法が悪いのではありません。

しかしそれは真理があっての話だと思うのです。

いつ云うべきか?

どう伝えればいいのか?

それは頭で考えてもわかりません。

しかし父の守護霊は

私から話してやってくれときっと云っています。

だから絶好のタイミングが訪れるように

祈ろうと思います。




  
 
世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますうように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




  


« ドラマの奥に何があるか? | トップページ | 人はみな認めてもらいたいんだ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/41064412

この記事へのトラックバック一覧です: 対処療法で病気は・・・・・:

« ドラマの奥に何があるか? | トップページ | 人はみな認めてもらいたいんだ »

最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ