« 断食、少食療法 | トップページ | 最近気づいたこと 17 »

2011年8月31日 (水)

偽善者になりたくない 9

  
  
   
自分自身、正直にまっとうに生きていきたい、古い言い方だけどお天道様をしっかり見て、堂々と生きていきたいと思います。

でも、嘘もつかなければならないときもあれば

自分も他人も誤魔化さなきゃいけないことも出て来る

そのときに

「しかたがないじゃん」

という気持ちと

「これでいいのか?」

という疑問が交錯するのです。

お天道様って神様であり、自分の本心のことですよね。

お天道様は、弱い人間を赦してくれるのか?

どうすれば苦しまずに生きていけるのか?

その問いは読んでいくうちに解けていきます。
 わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)




本文

神のみ心と一つになって、悪いことは絶対にしない。

なんでも噛んでも真理のままに行なおうとすると、人間が窮屈になって、苦しくて生きてられません。

そこで阿弥陀様があるんですよ。

法蔵菩薩のような人があるんです。

あるいは親鸞上人みたいな人があるんです。

イエス・キリストみたいな人がいるんです。

人間は凡愚で、神様のみ心のままに行なえだろうから、サァ私の通りにおいでなさい。

私が代わりにあなたの悪いところを背負ってあげますから、みんな私と一緒にいらっしゃい ━ とこういうわけなんです。

それが阿弥陀様の法蔵菩薩であり、イエス・キリストのマリアであるというんですよ。

マリアさんが中に立って赦してくれるというのがありますね。

それと同じように、今は世界平和の祈りがみんな赦してくれるんです。

世界平和の祈りの中に自分がとびこんでしまえば、自分の至らないところを神様の中に入れてしまって、改めて至る人間にしてくれるんです。

そのかわり、世界平和の祈りを祈りながら行なう場合には、なんにも悔いなんかしないほうがいい。

そのまま行なったらいい。

そこで悔いたら、ハッキリと悪いこととわかったら、ああそれは消えてゆく姿だった、もう再び致しますまい、世界人類が平和でありますように・・・・って祈りの中に入ってゆくんですよ。

そういうやり方なんです。




「自分も光る 人類も光る」 五井昌久 白光出版



  


« 断食、少食療法 | トップページ | 最近気づいたこと 17 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/41436336

この記事へのトラックバック一覧です: 偽善者になりたくない 9:

« 断食、少食療法 | トップページ | 最近気づいたこと 17 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ