« 魔が差す(ガソリンスタンドの常識) | トップページ | 日々の指針 »

2011年7月25日 (月)

調和波動気功セミナーで学んだこと

  

   
・ 天命を信じて人事を尽す
 
  


・ 大切なのは忍耐、努力、真理の探究
 
 


・ 愛は忍耐、忍耐の忍は心の上に刃物を置くということ、愛を行じるというのは、それだけ厳しく覚悟がいるのだ。

 
 

・ 人間が生まれて来るというのは、いろんな修行を積んで選ばれて来るのだ、だから何の意味もなく生まれるということは絶対にない、天命を持っているのだ。 その天命とは世界平和の祈りを祈ることなのだ。


 

・ 自己限定をしない、限界は自分で創る(だから限界はない)クルム伊達さんの言葉

 

・ 力んだらダメ(行者のいき倒れ)
 


・ 自分を識る 自分に勝つ  足るを知る

自分を識るとは明らかになるということ 勝つというのは業想念、感情に
勝つということ 足るを知るとは必要なものはすでに与えられいる、満たされているということがわかるということ


 


・ 依存しない、人に頼らない、自立心を持つ、人に頼らず神である自分に頼る、そのために祈りをたくさんする、祈りの中にすべてがある



 

・ 自分でできることをやっていく(人と比べない)自分にしかできないことをする。


 

・ やさしくなりなさい、強くなりなさい (五井先生のお言葉)

 


・ 考え過ぎるとマイナスになる


 

・ 後退は許されない、前進あるのみ




・祈るとき我々のいのちが輝いていく、肉体を持ったまま本当の自分へ帰って行くのが祈りなのだ





  

« 魔が差す(ガソリンスタンドの常識) | トップページ | 日々の指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/40953913

この記事へのトラックバック一覧です: 調和波動気功セミナーで学んだこと:

« 魔が差す(ガソリンスタンドの常識) | トップページ | 日々の指針 »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ