« 怒りの80%・・・・・ 2 | トップページ | 心に響く言葉 1 »

2011年7月 3日 (日)

自律神経のバランスを整える日記の活用法

  
  
怒り(感情)を紙に書き出して浮き彫り(分析)してみると、相手が自分に対して怒っているのは

怒らせている自分に問題があるのではなく、ほとんどは相手に問題があることがわかるのです。

だから必要以上に相手の怒りに反応することはない。

いやかかわって(反応して)はいけないのです。

相手の人が怒りを爆発させてくるって

残念ながら日常茶飯事ですよね。(三次元では)

そのたびに相手に合わせて心臓をドキドキさせる。

そんなことってまっぴらごめんです。げっそり

だからなぜそうなるんだ という理解(正確な分析結果)がいるのです。

それが心の余裕を持たせます。

私はこの余裕が幸せにつながると思うのです。

余裕をもたらすのは自分で工夫しなければなりません。

「なぜ これは 健康にいいのか?」の著者はご自分で余裕を持たせる工夫法を見つけておられます。

私にも私なりの方法があります。

みなさんはどうですか?






自律神経のバランスを整える日記の活用法



私の場合、日記をつける習慣があったことが、この自己分析と目標設定にとても役立ったので、日記の活用法も少しご紹介しましょう。

日記を書くなんて面倒くさいと思うかもしれませんが、私の書き方はとてもかんたんなので誰でも続けることができると思います。


書くことは次の三つだけだからです。



① その日のいちばん失敗したこと

② その日いちばん感動したこと

③ 明日の目標




これらも長々と書く必要はありません。

ちなみに私は、一冊で三年分の日記が書ける三年連用日記帳を愛用しています。

これだと一日分のスペースがもともと少ないので気軽に書けます。

まず最初に書くのは、「失敗したこと」 です。

なぜ失敗したことから書くのかというと、自分のしたことのなかで、いちばん冷静に判断しなければならないのが失敗だからです。

冷静に自分の失敗を反省したら、次は失敗したことはきれいさっぱり忘れて、その日いちばん感動したことを書きます。

実はこの書き方は、今から一五年ほどまえ、私がアイルランドで医師として働いていたときに、同僚の医師から日記を書くことを勧められて教えてもらったものです。

なぜこの順番で書くのかと私がたずねると、彼は笑顔でこう答えてくれました。

「最初に失敗を書くのは、医師として謙虚さを忘れないためで、最後にいいことを書くのは、それがどんな失敗であっても、また明日からがんばるぞ、という気持ちを失わないため」

・・・・・・・・・試しに順番を替えてみたことがあるのですが、失敗したことをあとで書くと、どうしても翌日に暗い気持ちを引きずってしまうので、翌日のモチベーションが下がってしまいました。・・・・


目標を立てるとゴールが明確になるので、すべきことを意識しやすくなります。

そして、やるべきことが明確になると不安が消え、心に 「余裕」 が生まれます。

自立神経を安定させるためにいちばん欲しいのは実はこの 「余裕」 なので、目標はどんなものでもかまいません。

でも、最初のうちは、できるだけ達成しやすいかんたんな目標を立てることをお勧めします。

たとえば、「明日は三食きちんと食べよう」 というのでもいいのです。


人間というものはおもしろいもので、かんたんな目標を達成したという安心感がさらなる心の余裕をもたらしてくれるので、一気に大きな目標を達成させようとするより、結果的に早く目標達成ができるのです。






「なぜ、これは健康にいいのか?」 小林弘幸 サンマーク出版





追伸

紙に書いて問題点を浮き彫りにすることに興味のある人は

「あなたを天才にする スマートノート」 岡田斗志夫 をお勧めします。わーい(嬉しい顔) 

スマート(スッキリ爽やか)になれます。


      
   

« 怒りの80%・・・・・ 2 | トップページ | 心に響く言葉 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/40654691

この記事へのトラックバック一覧です: 自律神経のバランスを整える日記の活用法 :

« 怒りの80%・・・・・ 2 | トップページ | 心に響く言葉 1 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ