« 感じていることと考えていること(本心)は違う | トップページ | 愛とは 自分とは 宇宙とは? »

2011年6月28日 (火)

蚊は殺生していいのです蚊?

  
  
私は宗教家でもないし、思想家でもないし、哲学者でもないし

ごく普通の人間です。(自分でそう思っているだけだったりして)

ただいつも愛深い人でいたいなと思っています。

そんな私ですが、家や職場などで目の前に

ブ~ンと蚊が飛んでいると

目の色が変わって

パチンとやっちゃいます。

仕留めたときは

「やったぁ」

とも思うし

失敗したときは

がっかりもする。

そんなとき

思うんです。

私は愛が薄いのではないのか?

蚊も生きているんだし

殺生はよくないのではないのか?


ずっとそのことで悩んでいるわけではないのだけれど

こだわっているわけではないのだけれど

自分のしている行為がそれでいいのか?って思うときがあるのです。

蚊っていったいなんのために存在しているんだろう?

そんなこと

普通は考えませんよね。

結論なんて出ないですよね。

でもそんなことで一瞬であったとしても

やっぱり

悩んでいるのです。


みなさんもありませんか?


虫も殺さないような顔をして・・・・

って

美しい人で かよわそうに見えている女の人が

実は虫を見ると

人が変わったように

力強くなる

攻撃的になる

その姿を見た男性が

幻滅するという話がありますよね。

どこかにやってはいけないという意識があると思うのです。


蚊って殺生してもいいのでしょうか?

自分でパチンはダメだけど

蚊取り線香はOKなのでしょうか?

蚊はなんのために生れてきたのでしょうか?


そんなことも今読んでいる本は教えてくれました。








蚊や蝿は人間に 「近くに汚いところがあるんだよ」

汚い水を溜めないようにと蚊は教えてくれているのだそうです。

人間の世界をだんだんきれいにするための蚊であり、蝿なんであるし、ウジ虫でもあるし、ノミでもある。

だから蚊は蚊菩薩、蝿は蝿菩薩にして南無阿弥陀仏でもいいし

「蚊さんの天命がまっとうされますように」でもいいし「どうかいいところへ今度は生まれてくれ」と唱えながらパチンとやればいいのだそうです。


蚊や蝿だけでなくネズミでもそうです。


ネズミは蚊よりも殺生しにくい。




本文

でもネズミは人間のために働いているわけじゃない。

お米を作っているわけではなくて、喰うばかりだからね。

だから人間には邪魔なわけですよ。


そこで悩むということが、それはいいことなんですよ。

あっさりとネズミをチューと殺してしまえ、猫は邪魔だから捨てちまえ、というんだったらそれは情がないということで、愛がないということで、生命を粗末にするということで、あまり感心したことじゃないんですよ。

把われがないと言っても、そこで可哀そうだから仕方がない、と涙をのんで、ナムアミダブツ、どうかいいところへ行ってくれと言うと、どこへ生まれるかは知らないけども(笑)

そういう気持ちで涙をのんで、まァ殺すくらいが丁度いいんですよ。


そういうふうに人間は出来ているんですよね。


殺してはいけないと悩んで、しかし仕方がない、どうか神様お許しください、という形で、ナムアミダブツの心境でやってゆくと、そこに人間の美しい情愛の世界が生まれて、本当の神の国が生まれる一歩になるんですよ。






    「自分も光る 人類も光る」 五井昌久 白光出版



  
  
 

« 感じていることと考えていること(本心)は違う | トップページ | 愛とは 自分とは 宇宙とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/40586119

この記事へのトラックバック一覧です: 蚊は殺生していいのです蚊?:

« 感じていることと考えていること(本心)は違う | トップページ | 愛とは 自分とは 宇宙とは? »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ