« 波動(エネルギー)が変ってきている。 | トップページ | アメリカインディアンの教え »

2011年6月 2日 (木)

肉体人間に期待するのは違うのです。

    
  
自分の周りの人が

「人間はバカなんだよ」

「人間だからしかたがないんだ」

「人間は欲望のかたまりだ」

と言っているのを聞いて

いつも反発していました。ぷっくっくな顔

「そんなことはない、素晴らしい人間だって必ずいる」

「それを言っちゃあお終いだ、それは逃げていることになる」

そして自分なりに

性善説(人間は本来は善である)を作り上げて来ました。


しかし限界を感じていたのも確かです。

「この人は素晴らしい!」

と思った人が違ったりする。

「この人は他の人とは違う!」

と期待?した人が

がっかりするようなことをする。

「この人は自分のことをわかってくれている」

と信じた人が

平気で裏切って来る。


私のこれまでの人生はその繰り返しだったと思います。

他人のことばかりではありません。

それはそのまま自分自身にも云えるのです。

自分はもっと高貴な生き方をしたかった

でもあるときは正義を貫くことは出来なかった


人の道?に外れることもして来ました。


人間って何なんだろうって思います。

あるときは神様、仏さまのように

純粋で光輝いている。

しかしあるときは

どうしようもない “心の悪人” になってしまう。


それは人間というものを深く知らなければ答は出て来ないのです。

表面に現われている虚像の人間と

その奥に居る本来の人間を

分けて観ないとわからないのです。


業想念を被って光を遮っている人間と

覆っているものが無くて光輝いている人間の違いです。


私たちは奥の人間を観ないで

表面に現われている

どうしようもない人間を見ているのです。

マイナスのエネルギーに振り回されて

マイナスの想念エネルギーをたっぷりと被った

本来のその人とはかけ離れたその人を見ている。


しかしそんな状態のときばかりではありません。

光が差して、素晴らしいその人(自分も含めて)になることがあるのです。

そのギャップに

私たちは戸惑い、騙される?


人間はもうすぐマイナスのエネルギーが無くなって

光輝く、本来の素晴らしい人になっていきます。(そのためには印と祈りが必要です)


アセンションとはそういうことなのです。


だからそれまで(アセンションが来るまで)は、マイナスのエネルギーに覆われた人間の愚かな姿も見なければならないのです。


時期が来るまでは人間に神性を期待してはいけないのです。

いけないというより違うのです。

地球上のマイナスのエネルギーに侵された人に対して

神様、仏さまのような

綺麗な心を見せてくれ!

と言ったり、期待するのは違うということです。


でも祈ったり、印を組んでいる人たちは違います。

肉体波動から宇宙波動へと

どんどん進化しているからです。

本来のその人へと変って行っているからです。

そういう人たちには期待してもいいのです。

今、地球上には

様々な意識を持った人たちが同居しています。

しかし、今は目覚めていない人がほとんどです。(無限なる光)


だから目覚めていない人(自分に対しても)に対して

過度の期待をするのはやめましょう

自分をわかってもらおうとするのはやめましょう

自分の期待する通りにその人がならないことに苛立つことはやめましょう

ありがとうという感謝の言葉すら期待するのはやめましょう(イエスキリスト)

裏切られたとしても相手を責めるのはやめましょう(罪を憎んで人を憎まず)

どんなにひどい言葉を投げかけられても、相手を恨み、自分が傷つくのはやめましょう





私はこの心境にやっとなることが出来ました。わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


それは五井先生のある本の一部を読んでから腑に落ちたのです。

ご紹介します。




私は肉体人間など、悪いけれども、何にも信用していない。

私が信用しているのは、守護霊だけですよ。

皆さんの本心と守護霊守護神は信用していますけど、肉体の人間というのは業想念だからね、悪いことをいわれてもなんとも思わない。

さんざん恩を着せた人が他で悪口を言ったとしても、それは当り前、消えてゆく姿だと思っています。

別に何とも思わない。

あのヤロウこのヤロウ、くやしいなんて思わない。

もう始めから諦めているから。



自分に対しても、他人に対しても、肉体人間は業想念の人間だから、肉体人間には一切期待してはならない。

火を見たら火事を思え、人を見たら泥棒と思え、そういうんじゃないんです。

そういう言い方じゃないんですよ私の言い方は。

肉体の人間を全部あてにしないこと。

そして世界平和の祈りの中から出て来た人だけは当てにするんです。

これは間違いないから。

もっと言い換えると、守護霊、守護神だけ相手にするんです。


世界平和の祈りの一番最初の、根本の出方は、肉体人間の自分はダメなんだと、肉体人間のこの地球人類はダメなんだ、いっぺん否定してしまわなければダメです。

そうしないと、神様ぬきにしても、世界平和ぬきにして、なんか他に方法がある、という考え方になるんですよ。

他に方法があると思っている以上はダメです。




「自分も光る 人類も光る」 五井昌久 白光出版




   




  
 

« 波動(エネルギー)が変ってきている。 | トップページ | アメリカインディアンの教え »

コメント

   

そうですね、日頃の想念(考えていること)がいろんなことを引きつけることがあります。

共鳴するんですね。

だから何を思っているか、考えているかが大切なんですよ。

プラス思考が大切だというのはそういうことです。

でも人間は、そうしようとしていてもちょっと自分に不都合なことや嫌なことマイナスなことが起るととすぐに悪い方に考えてしまうのです。

そうならないために祈りが必要なんですね。

マイナスのエネルギーに巻き込まれないようにするのが祈りなんです。

祈っているとマイナスの想いが消えてなんだか気持ちが明るくなっていく。

すると起るはずのマイナスの出来事が現われる前に消えていったり、あるいは大難が小難になったりする。

祈りによって自分で自分を守ることが出来たわけです。(守護霊守護神の御加護がありますが)

ギャッ!ピンチ!! というときは

世界平和の祈りの中に入って行ってください。

きっと思わぬことが起って助けてくれますよ。(笑)


よかったらこの本を読んでみてください。
私の言っていることがご理解出来ると思います。

「光明思想に徹しよう」 西園寺昌美 白光出版


  


世界人類が平和でありますように

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます


  


お久しぶりです。
ななです。


最近、私の身に、
ギャッ!ピンチ!!
と思うことが立て続けに起きています。
今のところ、最悪の事態はなんとか免れて来ました。
でも今、
これは何かの前兆?
何か取り返しのつかない悪いことが起きるの?
どうしよう
怖いよう

といった状況です。


本当、何かの前兆とかでしょうか

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/40232719

この記事へのトラックバック一覧です: 肉体人間に期待するのは違うのです。:

« 波動(エネルギー)が変ってきている。 | トップページ | アメリカインディアンの教え »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ