« 志の高い人は | トップページ | 相手の天命を祈ると仲良くなれる »

2011年5月 6日 (金)

苦しみの原因は間違った自我意識にある

  
  
毎日が何だか重苦しくてスッキリしない、いつも不安がある、先のことを明るく考えることができない。

それは私も含めてたくさんの人がそういう心境だと思います。

「なんでこんなにしんどいんだろう?」

「この鉛のようなエネルギーはなんなんだろう?」

そう想っているときって

自分のことしか考えられなくなっている

余裕が無くなっている

人の立場になっていない

ということに気が付いたのです。

なぜ気づいたかと申しますとある本を読んでいたのです。

自分にとって善いこととは自分にとって都合の良いことです。

そして悪いこととは自分にとって都合の悪いことです。

そこには自分しかありません。

他人とか広い意味での人類が入っていないのです。

自分にとって都合の悪いことでも全体からみれば善いこともあります。

自分という狭い枠の中に入ってしまうと大局的に物事を観ることが出来なくなってしまうのです。 (無限なる可能性!)


『自分のことを何とかしようとしたらしんどくなる』

『自分を無くして人の喜ぶことをしようとしたら上手くいく』



物事ってそうなのかもしれません。

自分が何をしたいか?

ではなく

自分に何が出来るか?(人のために)

ですよね。 わーい(嬉しい顔)


ほとんど言いたいことは書いてしまったのですが

私を気づかせてくれたありがたい本の中から真理の文章を抜粋します。

よかったらお付き合いください。





 
苦しみの原因は間違った自我意識にある


 
人間はいかに苦しくても、またいかに多くの悩みや難題を抱えていようとも、決して自分のことのみに把われ、自分中心に生きてはなりません。

そのような生き方では自分が欲する真の幸せや平安は決して訪れるものではありません。

確かに今、自分が抱えている難題や種々の悩みは、それから逃れようと、必死にあらゆる手段を講じるならば、一時的には解決されるかも知れません。

しかし、それはあくまでも一時(いっとき)の解決にすぎないのです。

時が経つと、また同じような苦悩が現われてくるのです。

何故ならば、それは真の問題解決ではないからです。

何故そのような苦しみや悲しみ、問題が生じてくるのでしょうか・・・・・・。

その原因を探求しない限り、真の問題解決には至らないのです。

仮にその場しのぎで問題が解決されたように思えても、その根本原因の種を取り除かない限り、また新しい芽が吹き出てきます。

その種とは、自我意識に把われた生き方です。

自分のみが救われ、自分のみがよかれと考える、その自己中心的な心がある限り、課題は尽きることはありません。

自分への執着、自己愛の束縛から解放されない限り、自分の苦しみから自由になることはないのです。

私たちは、苦しみから逃れるために、逆に苦しみに同一化し、その苦しみをますます倍加させてしまっているのです。

自我を見つめる代わりに、逆に自我と一体化してしまい、ますます自己愛に陥ってしまうのです。

病気を恐怖し、病気から逃れたい一心で、逆に病気と同一化し、自分自身を病気に引き込んでゆくのです。

このように、原因の種はあくまで自分自身にあるのです。

誤った自我意識なのです。



    
      「真理の法則」 西園寺昌美 白光出版




 

 追伸


この後の文章がとても大切なのですが(気になる方は)

後は本を買ってご自分で解決をしていってくださいね。本


    
  

« 志の高い人は | トップページ | 相手の天命を祈ると仲良くなれる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/39886421

この記事へのトラックバック一覧です: 苦しみの原因は間違った自我意識にある :

« 志の高い人は | トップページ | 相手の天命を祈ると仲良くなれる »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ