« 人を説得しようとするな! | トップページ | 志の高い人は »

2011年5月 3日 (火)

自分の感情を喜ばせようとしているうちは


  
1.自分の感情を喜ばせようとしているうちは悟れない。


 
先日の気功セミナーで于先生(私のメンター)がおっしゃったお言葉なのですがこの言葉がほんとにほんとに沁み入るのです。

人間は、喜ぶことが好きです。感謝されることも好きです。

認められることも好きです。

そしてそのため(自分の感情を喜ばせる)に行動してしまいます。

しかし人はすべてを善いようには受け取ってはくれない。

前の日記で書いたように誤解されること、批判されることもあります。

すると昨日までの理解者が急に敵?にまわることがあります。

「おいおいなんでそうなるんだよ」

という状況になることがあります。

そこで慌てるのは自分が自分の感情を喜ばせるために行動してしまっているからです。

「目的はもっと違うところになければいけない」

「もっと大きな目的のために行動しないといけない」

のです。

それを忘れて感情に走ってしまう。

感情に走ると、勘定(計算)が合わなくなると行き詰ってしまうのです。

それが悩みです。

悩みとは闇が波のようにやって来るという意味だそうです。

マイナスの想念が黒い闇になって襲って来るのです。(そしてエネルギー、波動が流れなくなる)

私はこれが鬱の原因だと思うのです。

「自分の感情を満足させることをやめたとき」

自由自在心

つまり悟った状態になる

おおげさかもしれませんが

そうだと思います。




   


  
  

« 人を説得しようとするな! | トップページ | 志の高い人は »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/39844927

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の感情を喜ばせようとしているうちは:

« 人を説得しようとするな! | トップページ | 志の高い人は »

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ