« 心に響く如是我聞 | トップページ | 如是我聞 »

2011年4月 5日 (火)

「真の国際人」 とは?

  
   

「真の国際人」 とは、自分の国について語ることができる人です。
 


これは今読んでいる「日本はなぜ世界で一番人気があるのか」 の本の序章に書いてある文章なのですがここの部分が作者である人が最も言いたかったことだと思うのです。

私たちは自分自身のことをよくわかっていません。

だから自分に自信が持てないし誇りも持てない(無限なる愛)

しかし心を鎮めて心の奥深く入っていく(統一する)と本当の自分に逢うことが出来る。

そこには、何事にも振り回されることなく落ち着き払った不動心の自分がいるのです。

自分自身を知らなければ相手のこともわからないし周りで起こっているすべてのこともわからない。

それと同じように自分の国を知るということは自分自身(ルーツ、祖先)を知ることでもあるし、ひいては全世界を知ることでもあるのです。

この本を読んでいると

日本人とは何か?

日本人は過去において何をしてきたか?

日本という国はどういう役割り(ミッション)を持っているか?

が本当によくわかります。


日本という国を自分に置き換えて観ると自分が見えてきます。

そしてますます、日本が好きになります。

誇りと尊敬の気持ちが起って来ます。

そしてその誇りと尊敬は

そのまま自分へと向けられるのです。

自分を誇りに思って、尊敬する?

それって変じゃない?

とおもいますか?

でも自分を尊敬出来ないから

他人も尊敬出来ないし

認めることが出来ないのです。

気持ちに余裕がないからです。

今、世界中の人々が日本に注目しています。

震災で日本人の行動が絶賛されています。

「なんでそこまで他人を思い遣られるのか?」

「どんな状況になってもどうして感情的にならないのか?」

それはルーツ(祖先)を辿っていけばわかります。

過去をひも解いていけばわかるのです。

これから外国に留学したら

諸外国の人たちから言われるでしょう。

「日本のこと(文化)を教えてくれ、日本語を教えてくれ」

そして多分言われると思います。

「なぜそんな素晴らしい国に居るのに、ここへ来たんだ」(笑)

・・・・・・・と

だから留学するのは、海外に住みつくのは

日本をもっと知ってからでいいと思うのです。

日本の素晴らしさを知って文化を伝えられるようになってからだ思うのです。

それは地球上の国のルーツ(原点)はすべて日本にあるからです。

留学する目的が 「国際人になるため」 であるなら自分の国のことがわかっていなければ何の意味もない。

語学(英語、その他の言葉)を学ぶだけなら日本でも十分習得出来る。



少し前に私は 「サムライスピリット」 という本を読みました。

神田ロムさんはアメリカに渡って自分の才能を開花させ、日本人で初めてむこうのゴールデンタイムの番組で司会をした人です。

ロムさんの目的は日本人の心、魂(スピリット)を世界に拡げるためだったのです。

日本人の素晴らしさを世界に知らしめ、世界を平和にすることなのです。

まさしく「真の国際人」だとおもいます。

ロムさんはもちろん日本人の人柄、人格だけでなく文化の素晴らしさも知り尽くしているのだと思います。


私たちは今、自分自身を知るためにも私たちの住んでいる国のことを調べてみる必要があるのではないでしょうか?


この本はその道標(みちしるべ)になると思います。射手座 本





「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」 竹田恒秦(たけだつねやす) PHP新書



 
参考図書 「サムライスピリット」 神田ロム 幻冬舎



   



« 心に響く如是我聞 | トップページ | 如是我聞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/39500105

この記事へのトラックバック一覧です: 「真の国際人」 とは?:

« 心に響く如是我聞 | トップページ | 如是我聞 »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ