« 言葉の持つ威力 | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 »

2011年4月17日 (日)

あなたは、世界を 「自分の見方」 で見ている

  
  
最近、日記が書けていないことをお許しください。げっそり

にもかかわらず毎日たくさんの人が覗きに来てくださる。

感謝、感謝、無限なる感謝です。泣き顔

そんな慌ただしい中にあって少しでも本を読もうと思って開いたページにドキッとすることが書いてありました。

私たちは同じ場面に出くわした時、その出来事をプラスで受け取る人とマイナスで受け取っている人を見ることがあります。

「なぜなんだろう?」

「プラスで受け取る人ってオメデタイ人なのか?」

「性格が良い人なのか?」

「ひねくれて受け取る人は性格が悪いのか?」

「余程、辛い人生を生きて来たのか?」


でもどんな過酷な、悲惨な目に遭っても明るく生きている人がいます。


自分はどんな人になりたい?


もちろんどんなことが目の前で起っても


ブレず、騒がず、心が乱れることなく、不動心、平常心であることです。


それにはちょっとしたコツがありそうです。


自分の見方をちょっと変えてみる。


それだけです。


本の中から抜粋します。


よかったらお付きあいください。

 




● あなたは、「世界をありのままにではなく 「自分の見方」 で見ている




あなたは絶えず人々を観察しています。

さあ、自分が観察したことを記録しはじめましょう。

たとえば、日曜日、朝食が終わったあと、息子が眠そうな目で起きてきます。

あなたは、彼が昨夜見た最高の映画について熱っぽく語るのに気づきますか、あるいは、この子ったらまたベットも直さず、歯も磨かずに下りてきたんだわと思いますか?


オフィスのパーティで面識のない人と会います。

あなたは、その人がどのくらい「重要人物」 で、あなたの上司とその人がどれくらい親密な関係か探ろうとしますか、それとも善良そうな目の輝きと、見るからに性格が良さそうなところに気づきますか?

あなたは、彼のすり減った靴に目がいきますか、それとも丁重にウエートレスに礼を言って、彼女を微笑ませたのに気づきますか?


テーブルセッティングがちぐはぐなのを小バカにしますか、それとも、パーティの女主人があなたを歓迎するために心を砕いてくれたことに感謝しますか?


要するに、人々や状況を見るときに、あなたは「弱点」や「間違い」に焦点を合わせますか、それとも「長所」や「正しさ」を称賛しますか?

あなたを含めてほとんどの人が、両方を行っています。


重要なことはあなたがどちら側に傾いているかを知ることです。


次に、これを試みてください。

現在あなたと関係のある人の中で、あまり好きでない人物を選んでください。

たとえば、義父母や不愉快な同僚、あるいはPTAで一緒になる横柄な親などです。

その人の性質の中で、あなたが好きだと感じる点、賞賛に値すると思われる点を2つ探してください。


見つかるまでしつこく粘ること。


これらの点でその人を心から褒めてください。

もし心からほめられないのなら、やめておきましょう。

あなたの人生に存在するそのほかの不快な人々に対しても同じことをしてください。

さあ、あなたの人生はどう変わるでしょうか?

こうした人々との関係はどうなるでしょうか?




 
ラオ教授の 「幸福論」 スリクマー・Sラオ 日本経済新聞社




  
  

« 言葉の持つ威力 | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/39647664

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは、世界を 「自分の見方」 で見ている :

« 言葉の持つ威力 | トップページ | 金の切れ目が縁の切れ目 »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ