« 宇宙神からの贈りもの | トップページ | 亡くなった人たちへの祈り »

2011年3月12日 (土)

魂を救う世界平和の祈り

  
   
関東大地震があってからテレビの報道に食い入るように見入っています。

悲惨な光景の中に自分がのめり込んでいきそうになります。

命がけで救助にあたっておられる人たち

頭が下がります。

ほんとに素晴らしいと思います。

自分も津波の危険にさらされるかもしれないのに

それでも救わずにはいられない

悲惨な中にも感動する場面があります。

救助に行けない私たちには何が出来るでしょうか?

もちろん、命が救われることを祈るのみですが

人間とは肉体だけではない

肉体が無くなっても

生命は生き続ける

ということは魂が救われることが大切なのです。

魂が救われるとは、その人の天命がまっとうされるということです。

天命、天寿がまっとうされる

人間は、何からの役割りを荷って生まれてきた

だからその役割り、生まれてきた意義が、生ある限り輝き続けることが一番のその人にとっての幸せなのです。

だからその人の天命がまっとうされるのを祈るのは、その人にとっての最高の幸せを祈るということです。

今回の地震は、けっして人事ではなくまさしく我事の出来事です。

被害に遭っていなくても、心は完全に被災者です。

でも、だからと言って暗く落ち込むのが私たちの役割りではないと思います。


世界人類が幸せになること、日本が平和になること、そして全人類の天命がまっとうされることを祈るのが人間としてのミッションだと思います。


そして先日降ろされた宇宙神からの祈りは、今回の地震が善くなっていくためのプロセスだということを教えてくれています。


悲惨な地震が善くなっていくためのプロセスだとはなかなか思えないかもしれません。


しかし天災とは、悪いものが消えてゆくための波動調整なのです。

ひび割れた地面には、天からの光が入ります。

強烈な津波による水は、人間の汚れた想念を洗い清めます。

被災者のひとたちの命も大切です。

しかし、目を覆って悲観することだけではダメなのです。

被災者の人たちが、元気を出して乗り越えていくには目にみえない

応援が大切なのです。

それには世界平和の祈りしかない

世界平和の祈りは天に通じます。

そして天から降りて来る光は

地球の荒い波動を穏やかな優しい波動に変えてくれるのです。


この祈りは神様との約束事で、祈ることで不調和なものが早く消え、人々の心が落ち着いていくのです。
 





 
 
1.「全ては必ず良くなる絶対大丈夫」を3回唱える

2.「全ては必ず良くなる絶対大成就」を3回唱える

3.「全ては必ず良くなる絶対大丈夫」を3回唱える

4.「全ては必ず良くなる絶対大成就」を3回唱える

5.「全ては必ず良くなる絶対大丈夫」を3回唱える

6.「全ては必ず良くなる絶対大成就」を3回唱える



 

このお祈りをされた後で,いつもの「我即神也、成就、人類即神也、世界人類が平和でありますように、

日本が平和でありますように、私達の天命が全うされますように、守護霊様ありがとうございます.

守護神様有難うございます.」を繰り返して下さい.




   

« 宇宙神からの贈りもの | トップページ | 亡くなった人たちへの祈り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/39202314

この記事へのトラックバック一覧です: 魂を救う世界平和の祈り:

« 宇宙神からの贈りもの | トップページ | 亡くなった人たちへの祈り »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ