« 思いは人を幸せにも不幸にもする | トップページ | 指針 »

2011年3月27日 (日)

信じる者は救われる

       
    
今読んでいる本で実践してみようと思っていることがあります。(具体的には書きませんが)

ずっと続けることで自分が抱いているビジョン(夢)が実現するかもしれない。

ほんとうに実現するためにはその本に書いてあることを信じないと実現はしません。

その人が実現させたことと100%同じことを“コピー” しないと同じ結果が得られないことは当り前です。

だからその人のことをこの人は本物だ、書いてあることは間違いないと思わなければなりません。


宗教的になるかもしれないけど、キリスト様のいう

“信じる者は救われる” です。

実生活においてもそうですよね。

例えば、ある女性は結婚する旦那さんを信じた。

「この人は絶対に浮気はしない」・・・・と

100%信じた

すると夫が持ち帰ったマッチにラブホテルの広告が印刷されていても

「それ同僚にもらったんだよ」

という言いわけも信じ

ワイシャツに付いた口紅も

「電車に乗っていて混んでいたから付けられたんだ」

という苦しい言いわけにも

「そうだったの~」

と心から信じられる

そのうち旦那さんは奥さんのあまりにも自分を疑わない姿に心を打たれ(笑)

浮気という病気?は収まっていく

すると事実は浮気をしていたのに

奥さんにとっては

やっぱり旦那さんは “ 浮気はしていない”のです。


今私が実践している成功するための本とは

あなたを天才にする

スマートノート(岡田斗司夫、文藝春秋)です。

そこに面白いことが書いてありました。

私たちはいろんなものを色眼鏡で見ています。

だから偽物が本物に見えたり

本物がうさんくさくみえたりしている げっそり

どれを信じて信用したらいいのかわからない

そして、迷っているうちにチャンスを逃がしてしまう
 

私は迷うことはしかたがないと思うのです。

でも、「これは!」 と思えるものがあったとしたら

それを信じてやってみる

100%は無理だとしても80を90に上げていく

本当は100%がいいのだろうけど

それだと冷静さを失ってしまうかもしれない

しかし、自分がその世界(相手の世界)に入っていかないと

つまり信じないと

そこからは何も生まれないのです。

岡田さんが本の中で面白いことを書かれています。

それを読んでいると

騙されていいんだ(言葉は悪いですが)

いや騙されるではないですよね

自分に合っていなかったのです。

それは時間の無駄ではない

徹底的にやることによって見えてくるものがある

そこから生まれるものがきっとある

そう信じて“徹底的に”実践してみようと思います。(決意表明みたいですね)

あなたは、信じられるものがありますか?

それを何%(どれくらい)信じていますか?






さて、師匠からなにかを学ぶ方法は「すべて信じる」です。

ネットビジネスを学ぶ、と決めた私は、まず勝間和代さんの公式ホームページを全部写したんですよ。

どういう構造になっているのか、全部ノートに手書きで写しました。

そしたら、あのサイトがどんなにすごいものかよくわかった。



モノを学ぶというのは、まず無批判に相手がやってることをすべて写すことから始まります。

学ぶのが下手な人というのは、早い段階で批評や自分の意見を入れちゃうんですね。



学ぶつもりがないなら、それはかまわないんですよ。 学ばなくて楽しむ時とかそういう時はいいんですけども、もし何かを学びたい時は、私が勝間さんにやっているように、まず全面的に相手を肯定する。

わかんないところとか間違っているとか、ここんとこ疑問だなっていうのは、絶対に私が愚かでまだわからないから間違っている、わからないだけだと思い込む。 信じる。


そういうふうにへりくだって徹底的に勉強すると、ものすっごく、いっぱい勉強できるんですね。




その方が 「学び」 に伸びしろがある。

つまりプライドが 「学び」 の邪魔をするんです。

学べることがいっぱいあるのに、自分のプライドを入れちゃったら学べることがその分だけ減るんですよ。

「学べること絶対量の法則」 と呼んでるんですけれども、学べることが10あっても、自分のプライドを8持ち込んじゃったら、2しか学べない。

学べることが10あるのに、自分のプライドを12も持ち込んじゃったら、相手に対してマイナス2の印象しか持てない。

つまり何かを見て批判的なことを言ったり、「あーダメだ、ダメだ、ダメだ」って言っている人は、その相手に対してプライドを持ち込み過ぎている。

だからマイナス評価しか発生しないんですね。


どんな人でも、人間だからプライドをゼロにすることは不可能なんです。

けれども、1とか2とかできるだけ小さくしていくと、恐ろしく伸びしろがある。・・・・・・中略


・・・・他人に 「負けました!弟子にしてください」 と言える人は伸びるし、それも言えない人は実像と虚像、自分の実際とプライドのバランスが狂っちゃってる人です。・・・・・・


私自身が自分のプライドが高くて、もうほんとうに苦労した男ですから、責任を持って言えるんですよね。






 あなたを天才にする 「スマートノート」 岡田斗司夫 文藝春秋





   

« 思いは人を幸せにも不幸にもする | トップページ | 指針 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/39384849

この記事へのトラックバック一覧です: 信じる者は救われる:

« 思いは人を幸せにも不幸にもする | トップページ | 指針 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ