« 本心とは? | トップページ | グローバルな視野とは? »

2011年2月 1日 (火)

心の旅

  
 
   
物質文明になってから、私たちは窮屈な生活をしています。

満員電車に乗って、遅くまで仕事をして

長い時間、会社(学校)に拘束されて・・・

サラリーマンでなくても学生でも主婦でもどんな人でも

少なからずは時間に追われて

人間関係に疲れて

嫌になるときがあります。

逃げ出したくなることがあります。

辞めたくなることもあります。


私も仕事をしていて

「嫌だなぁ、どこかに行きたいなぁ」

「しばらくのんびりとボーッとしたいなぁ」

と思うときがあります。

誰でもそんなときがあると思うのです。



そんなときはどうしたらいいか?

先日の気功セミナーで于先生が教えてくださいました。

「一週間、旅行に行ったつもりになればいいんですよ」

・・・・・と

これをどういう風にとらえるかは個人個人違うと思います。


私の場合は休みはもうもらったものとして(笑)

誰かから30万円のおこずかいをもらいます。(誰がくれるんだ?)

そして大阪駅に行って目隠しをして駅のホームの前に立つ

どの方向へ行くのかも決めずにホームに止まった電車に乗る(すべて各駅停車)

朝早くに乗ったので夕方にはかなりの距離を走ったことになる。

車窓から見える景色は山や田んぼばかりだ。

すると汽車から温泉の煙が見える。いい気分(温泉)

私は次の駅で降りてタクシーに乗る

「どちらまで」

「この辺は温泉地なんですか?」

「そうですよ、知る人ぞ知る秘湯があるんですよ」

「どこかいい旅館知りませんか?」

そんな会話をしながら宛先も決めずに一人旅を楽しむ。

それが私のやってみたい夢だったのです。

実際には難しいですよね。

でもそれが空想だったら出来る。

イメージだったら好きなように場面も設定出来るのです。

温泉地の景色も浮かんで来るし

露天風呂でのんびりと湯に浸かった気分にもなれます。

さっそく空想の世界で

私なりの

「1週間旅行に行ったつもりになる」

をやってみました。(笑)

するとかなりリフレッシュ出来るのです。わーい(嬉しい顔) いい気分(温泉)

幸せな贅沢な気分になれます。

そしてたっぷりと休んだのだから

「仕事を又頑張ろう」

と思うのです。 わーい(嬉しい顔)

イメージしただけでこれだけ変われるのか?

イメージだから変われるのだと思うのです。

それは実際の旅行だったらトラブルもありますし

計画を立ててここぞという所へ行ったとしても

気が休まるかというのは甚だ疑問なのです。

それはその地が浄まっているかということです。

昔(以前)は観光地といわれる場所は浄まっていました。

観光地とは光を観に行く地という意味です。

光は魂を癒してくれるのです。

行くだけで魂が安らぐ場所だったのです。

しかし今はその場所の波動が汚れてしまって

癒される場所はほとんどないのです。

行っても疲れる(憑かれる)ことが多いのです。

祈ったり、印を組んでいる自宅の方がよっぽど気持ちがいい。

それがわかっているので旅行には行きたいのですが

かなり躊躇します。

だから私はイメージでいいのです。(なんと安上がりな)

みなさんも目を瞑って小旅行に行ってみませんか?


お金もいらない

カバンもいらない

準備もいらない

おみやげもいらない


な~んにもいらなくて楽しい旅行が出来る。

イメージするだけで旅が出来る (心の旅というそうです)

リフレッシュ出来る 

超穴場のエネルギースポットです。


それではみなさ~ん

いってらっしゃ~い 手(パー) わーい(嬉しい顔) 




   
  

« 本心とは? | トップページ | グローバルな視野とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/38691384

この記事へのトラックバック一覧です: 心の旅:

« 本心とは? | トップページ | グローバルな視野とは? »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ