« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 不動心になりたい 2 »

2011年1月 3日 (月)

私たちが想っている “今” とは過去のことなのです。

  
  
  
私たちはつい今の自分、今の他人を責めてしまいます。

「私はなんでこんなことを想ってしまうのだろう」

「やろうと思ってもすぐにやめてしまうのだろう」

「何で短気な気持ちになったりすぐにマイナスをつかまえてしまうのだろう」

そして自分も赦さないので 、相手も赦せない

「あいつは、これだけ私がやってあげているのに感謝すらしない、ひどい奴だ」

「あいつは、悪いことをやっている、この世からいなくなればいいんだ」

・・・・・・・・・。

私たちは一日のうちで何度このようなことを繰り返しているでしょう。

人間の苦しみとは自分や他人を責める想いなのです。

この想いがなければ人間は不幸では無くなるのです。

そして私たちが今想っていること、そして起こっていることとはたった今だと思っています。

でも今ではないのです。

いつも言っていることですが、私たちが観ている星は今光った光ではない。

過去に光った光が時間を経て目の前に現われているのです。


今自分が太っているとします。

「なんで太っているんだろう」

とその原因を探るとそれは過去において食べ過ぎたことにあるのです。

過去に食べ過ぎたことが結果として今現われている。



それは今生だけのことなので覚えています、だから原因と結果がハッキリとわかっている。

しかし今現われていることのほとんどは過去世のことが現われて来ているので自分では分からないのです。

自分は今優しい性格になっている、しかし前世では激しい性格だった、だからなぜか人に恨まれる。

反対に大した努力もしていないのに、とんとん拍子になんでも上手く行く。

なぜか人に恵まれて助けてもらっている。(それは前世で徳を積んでいたから)

同じことをしていても人によって結果、現われが全然違っている。

これは前世と今という長いスパンで観ないと絶対に理解出来ないことです。

占いは、その過去を観るのです。

過去に何を想い何をやって来たかでだいたい今が想像出来るのです。

それが手相なら手の相(すがた)に出ているのです。

つまり今想っていることとは、起こっていることとは過去に想っていたことやっていたことが、過去世でテープレコーダーに録音されていたものが再生されて出て来ているのです。

だから今だと思っても今ではないのです。

みなさんはありませんか?

初めて行った場所なのに

過去に来たことがあると確信したことが・・・・・・。

私たちは無意識に生きているとしたら過去をなぞって生きているだけなのです。

本当の今を生きていないのです。

肉体界、幽界、霊界の低いところをグルグル廻っているのです。(肉体界、幽界、霊界の低いところは想いの世界なのです)

仏教では、これを輪廻転生(りんねてんしょう)と言います。

この世界(三界)をグルグルと廻っているといつまでも同じことの繰り返しで進歩がないのです。

経験を積むということはありますが

いつまでも自分を責めたり人を責めたりの繰り返しになります。

幸せになれないのです。

だから今想っていること、起こっていることとは

今のことではないんだ

幻なんだ

今の自分でもなければ今のその人ではないのだから責めるのは違うのだ

その人を責めるのは過去世のその人を責めているんだ

過去世のその人を責めてもしかたがないんだ

とハッキリとわからなければいけないのです。

それが本当にわかったら、心から赦すことが出来るのです。

罪を憎んで人を憎まずとは
 
その人の過去世のあやまちを赦すということです。

それは他人だけを赦すのではなく自分も赦してやるのです。

自分を先に赦さないと人を赦せないからです。

私の日記を読んでくださっている方で真面目な人がおられます。

「世界平和の祈りを祈りたいのだけどなかなか祈れない」

「把われが多い」

「自分に甘い」

「反省ばかりしています」

でもそれは今のあなたではなく

過去世の自分なのです。

記憶が消された過去の自分のことです。


過去の自分が悪かったのだ

今の自分も過去の自分もダメな奴だったんだ

と責めてもしかたがないことなんです。

それはダメな上に又ダメな自分を重ねるからです。

それでは未来は明るくならない

だから今までも自分(他人も)はきっぱりと赦してやるのです。

そして世界平和の祈るとテープに録音された、ビデオに録画された潜在意識がどんどん消されていくのです。

そして最後にはすべての潜在意識がきれいに消えてしまう。

すると今祈っている光が100%そのまま輝いて来ます。


悪いもの、悪い想いがもう出て来ないのです。

それが個人でも起こり、地球人類全体にも同時に起こって来る。

これが本当のアセンションなのです。

過去は大切です。

自分を創ってくれたプロセスだからです。

でも大事なことは過去世に把われないことです。

過去世にも現在にも、未来にも把われないことです。

善いことにも悪いことにも

目の前に現われていることはすべて消えていきます。

そして最後には自分の本心だけが神のみ心だけが顕われるのです。



 
世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

私たちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます


我即神也

人類即神也





  

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 不動心になりたい 2 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/38322125

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちが想っている “今” とは過去のことなのです。:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | 不動心になりたい 2 »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ