« 敗者復活! | トップページ | ブログ、ツイッター »

2011年1月22日 (土)

専門学校の時代

  
  
  
今、就職難で学生さんも大変だと思います。

東大卒の人も就職があるとは限らない。

これは、企業側が肩書ではなくその人が何を持っていて会社に対してどう貢献してくれるかというシビアな目で見ているのだと思うのです。

昔の景気の良い時は、10人の社員がいたら

仕事の出来る人は2人、まあまあが5人、出来ない人が3人でも成り立っていました。

だから普段はサボってばかりいても接待のときやみんなを盛り上げる宴会係(宴会部長と呼ばれていた)的な人も存在していたのです。

しかし経営が厳しくなりリストラ(再構築)をせざるを得ない状況になると収益を生まない社員はいらなくなるのです。

だから仕事の出来る2人は採用するけれど後の8人はいらなくなる。

コネや学校のブランドだけで採用することはもうなくなっていると思うのです。

先日新聞にある大学生が就職口がないので、専門学校に入り直したという記事が載っていました。

大学で学んだだけのスキルでは、採用されないということです。

大学は教養課程を経て専門的なことも学びますが、高校の延長のような教養過程はいらないのではないかと思います。

すると2年は無駄になるそして専門的なことも社会に出てすぐに役立つことを身に付けないと今の企業は必要としないのです。

ただなんとなく大学に行くのとしっかりした目的を持っていきなり専門的なことを学ぶのとでは雲泥の差があります。

今は就職難だから取りあえず大学に行くという人が高校を卒業した人が2人に一人いるそうです。

目的もなく大学に行く

卒業しても採用してくれない

だが親も自分も安定している大企業でないと嫌だ

しかし大企業とは全体の0.1%しかない

そこにみんなが集中する

就職難になるのは当たり前ですよね。

これから専門学校の時代がやってくるそうです。

大学も負けじとばかり専門学校化していく

レジャーランドの大学はもう終わったのです。

だから中学くらいから自分の進む道を決めていないと高校に入ってからだともう遅いのです。

それは高校も特色を出して専門的になってきているからです。

大学に入るための予備校的な高校はもういらない

良い大学(偏差値の高いという意味)に行くことが目的でなくなるからです。

社会や企業から必要とされるにはどうしたらいいか?

自分の才能とは何なのか?

自分の持っている能力の何が仕事と結びつくのか?

そして仕事を通して自分はどういう人になりたいのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

考えることはたくさんあります。

これは学生だけでなく私たち大人も考えることだと思うのです。

遅すぎるということはないのです。


   
    
  

« 敗者復活! | トップページ | ブログ、ツイッター »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/38565813

この記事へのトラックバック一覧です: 専門学校の時代:

« 敗者復活! | トップページ | ブログ、ツイッター »

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ