« 平凡が一番! | トップページ | 一番いい精神状態とは? »

2010年12月15日 (水)

足るを知る

  
  
  
昨日の話の続きですが、私たちは物質的なことと精神的な充足を求めています。

しかし物質的な満足感は、満たされることはありません。

車でも、家でももっと大きいもの広いものを求めるからです。

精神的なことでも同じです。

何の心配事もない、スッキリ爽やかな心理状態のときなどないと思います。

つまり人間とは、何かを欲しているときや何かを求めているときは心が安定することはないのです。


幸せを感じることはないのです。(一時的な幸せ感はあっても)


しかし、今の状況がどんな状態であろうと感謝と愛の心で溢れている人は、どんなにたくさんのお金を持っている人よりも富んだ人なのです。


老子の有名な言葉で

“足るを知る”

大昔の教えなのですが

現代の今でも充分に響く言霊です。

真理の言霊は時空を超えているので色あせることはありません。

五井先生の 「老子講義」 から抜粋します。





 

足ることを知る者は富めり。



この言葉は、よく云われる言葉なのですが、人間の欲望というものには限りがありませんで、金が出来れば地位が欲しくなり、地位が高くなれば、もっと高くなりたくなり、最高の地位につけば、いつまでもその地位に止まりたいと、種々権謀術策をして、心の休まる暇がありません。

ですから、足るを知るということは、実に大事なことだと思うのです。

どんなに貧しい生活をしていても、その貧の中で満足して、心を休んじていられる人は、富んでいるも同じ心の余裕というものがあります。

安心立命していられます。

想念を常に物質世界の中に置かずに、神のみ心の中に入れきっている人は、如何なる環境にいても、足ることを知る人であり、心富める者なのであります。

何故なれば、神は無限の富者であるからです。




   
           「老子講義」 五井昌久 白光出版









感想


“足るを知る”

“平凡なのが一番”


私には同じことを言っているのだと思えるのです。



   
     

« 平凡が一番! | トップページ | 一番いい精神状態とは? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/38091757

この記事へのトラックバック一覧です: 足るを知る:

« 平凡が一番! | トップページ | 一番いい精神状態とは? »

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ