« 20世紀の常識を覆す | トップページ | 目にみえない浄まったエネルギーが本当の世界なのです。 »

2010年12月 9日 (木)

無題

 

 
   
1.「ごめんなさい」 は自分が本当に悪かったからと思って言うのではない、相手との心の交流をスムーズに行なうために言うのだ。

 



1.感動とは五感に感じる表面的なところにはない。自分の本心と相手の本心の琴線が触れて一つに溶け合った瞬間(とき)に生れる。



 

1.心を集中させて 「何も覚えていない」 というのと心が無防備になって「何も覚えていない」 というのは全然違う、雲泥の差である。

前者の覚えていないは余計な雑念が一切入っていない 空 の状態である。

しかし空っぽではない、神さまのみ心が一杯に詰まっているのだ。

後者は隙だらけなのでそこにはいろんな世界(幽界等の)のエネルギーが入って来る。

魂を空け渡しているのだ。

お酒を飲むと後者になる。

気をつけよう。



 

              

                     グッドム―ン



  

« 20世紀の常識を覆す | トップページ | 目にみえない浄まったエネルギーが本当の世界なのです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/38018415

この記事へのトラックバック一覧です: 無題:

« 20世紀の常識を覆す | トップページ | 目にみえない浄まったエネルギーが本当の世界なのです。 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ