« 病気になるとは、悪いものを消しているんだ | トップページ | 如是我聞 »

2010年11月15日 (月)

正しいか正しくないかの判断は肉体人間には出来ない!

    

  
テレビを観ていてもわかるように何か事件が起ったとして

それに対して正しい、間違っているという判断は誰にも出来ていない。

人それぞれ自分の想念を持っていて、価値観を持っていて、前世からの想念行為もトラウマになって影響し、それに今生の環境、他人、家族等の影響を加えて今のその人になっているのです。(その人の世界を創っている)

だから百人百様、千差万別、絶対に同じ意見考え方なんて存在しない。

だから賛否両論ある議題を議論しても結論なんて出ないのです。

それを人間は、

「あの人はこう言っている、この人はああ言っているどっちが正しいんだろう?どっちが得なんだろう?」


頭の中は自分の考えと人の考えがごっちゃになって交錯しているのです。

肉体人間のどれだけ立派な人に意見を聞いても同じなのです。

その立派と言われている人も、五十歩百歩

頭の中は混乱して迷いに迷っているだけなのです。(自信がありそうに見えても)

肉体人間としての自分は馬鹿なんだ

人も同じく馬鹿なんだ

ここで一旦見切りをつけてあきらめないと

真実はあきらかにならないのです。

だからお釈迦さまはおっしゃったのでしょう?

空になれ!

肉体人間は馬鹿なんだから

空になって

宇宙(神)意識になって

神界にいる本当の自分とつながれ!

神界には本当の自分がいる

すべてがわかっている完璧な自分がいるんだ って

肉体人間の頭でいくら考えたって

答なんて出ないのです。

誰に相談したって正しい答なんて出ないんです!

本当に悟った自分と会わなければ何にも始まらない。

そのために守護霊守護神が付いてくださっている。

下の図にあるように自分の頭だけでどうのこうのと考えるというのは肉体人間の叡知しか使えていないということなんです。(本当の自分はもっと奥深くに居るのです)





神界、宇宙 (守護神)本当の自分の居るところ

霊界 (守護霊)

幽界

肉体人間(自分)





肉体界には悟った霊の守護霊守護神の加護もない。

闇の中をなんの光もなく歩くようなものです。げっそり

本心とつながるためには宇宙の波長と合わさなければならない

そして神界、本心の中継となってつなげてくれる守護霊、守護神の助けをもらわなければならない。

そのために祈りがあるのです。

祈りはたんなる願い事ではないのです。

祈りとはいのちがのり出すという意味です。

いのちが生き生きとしてくるのです。

太陽系の星の中で世界平和の祈りを祈っていないのは

地球人だけだそうです。

だから進化した星にとって地球人は幼い兄弟なのだそうです。



頭でごちゃごちゃ考えるのはみんな違うんだ

宇宙(本心)とつながっていない人間はみんな不完全、馬鹿なんだと思ってください。


お釈迦さまも言っておられます。

「空になったときからすべては始まる」





世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます




   



 
 

« 病気になるとは、悪いものを消しているんだ | トップページ | 如是我聞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37680486

この記事へのトラックバック一覧です: 正しいか正しくないかの判断は肉体人間には出来ない!:

« 病気になるとは、悪いものを消しているんだ | トップページ | 如是我聞 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ