« 想いには力がある 1 | トップページ | 想いには力がある 3 »

2010年11月23日 (火)

想いには力がある 2

  
  
  
マイナスを発したらマイナスが倍になって返ってくる

しかし、プラスを発したらそれも倍になって返ってくる


と聞いていましたがそれがどういう原理(メカニズム)なのかが

きちんとわかっていませんでした。

昔の人(おばあちゃん等)から

「そんなこと(マイナスなこと、人の悪口、不吉なこと)を言うと罰(ばち)が当たるよ」

と言われて来ました。

それは神さまが罰(ばち、ばつ)を与えるのでなく、自分の放った言霊というエネルギーが返って来ていたのです。

自分の放ったエネルギーは自分で責任を持たなければならない。

そのことに最近、特に思い知らされています。

みなさんはいかがでしょうか?






    
人の発した想念、類似の想念をひきつけ自らに戻ってくる
 



この想念原理は、話す人の声の原理に似ている。

例えば、コーヒーショップにて、誰かと二人で話をしているとする。

話し手の声は音波となり、店内のあらゆる方向へ広がってゆく。

この声の届く範囲は、大きさとひびきの強さによって異なる。

これと全く同じように、強力な想念は、弱い想念よりもずっと四方八方へと伝わってゆくし、周りにも大きな影響を与えてゆくのである。

だが、その時、周りにいる人々が、それぞれの相手と熱心に話し込んでいたり、想いをある事柄に集中させていたりすると、どんなに大きな声で話していようが、一向に耳に入らない。

想念波動もこれに似て、何かに一心集中していたり、または別の想いに心が満たされていれば、それほどの影響力が及ぶことはない。

どんなに強い想いの波も、その人の周りをただ通り過ぎてゆくのみである。

ゆえに、心が常に祈り、真理のひびき、愛、希望、理想に満たされていれば、いかなる否定的想念も全く影響力を失ってしまうのである。

人は心を無意識状態にしていたり、無防備にしてはいけないのである。

それでは、誰かが発した憎しみ、怒り、嫉妬、報復、貪欲、怒り等の否定的情念は、一体どのようにして相手に、また周りに働きかけてゆくのだろうか。

それらの否定的暗黒想念はどす黒く、汚らわしい濃密な色を伴って、対象者に向かって挑みかかってゆき、周りにも振りまかれてゆくのである。

だが、その対象者が常に崇高な目的意識を持ち、気高い真理や祈りで心を満たしていれば、決してそのような想念の生きものなどに襲われることもなければ、巻き込まれることもない。

却って、それらの想念をそのまま真理の鏡に反射させて、想念の送り主にはね返すのである。

その想念の生きものは、自分を発した者に引き戻される途中、宇宙空間に漂っている、自分と似通った暗黒想念を引きつけ、巻き込み、さらにその力を倍加させ、想念の送り主のもとに帰ってゆくのである。

これが真理の法則である。

自分の蒔いた種は必ず、自分が刈り取らねばならないのである。

そして、よいものも悪いものも含め、あらゆる想念の送り主の肉体は、自らの想念と色彩のエネルギーによって、幾重にも取り巻かれている。

これが人間を取り巻くオーラとなる。



                      つづく





 
      「今、何を信じるか?」 西園寺昌美 白光出版




  



    

« 想いには力がある 1 | トップページ | 想いには力がある 3 »

コメント

おっしゃる通り、想念が早く消えるようになっていますね。

いつまでも想いを引きずらなくてもよくなっている。

これって素晴らしいことですよね。shine

だから切り替えが早く出来る。

マイナスからプラスにすぐに転換出来る。

“想念に重さと力が無くなっている”

これを意識するだけで

かなり違いますね。

ポジィティブになれます。

ありがとうございます。happy01

  

 

こんにちはshine
グッドムーンさん!

気がつきませんか?

以前と比べて、想念に重さと力がなくなっている事に!shine notes

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37806820

この記事へのトラックバック一覧です: 想いには力がある 2:

« 想いには力がある 1 | トップページ | 想いには力がある 3 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ