« 幽界を浄める | トップページ | 南無妙法蓮華経とは »

2010年10月19日 (火)

お念仏の真義

     
  
みなさんはお経、お念仏とは何か?ご存知ですか?

今は人が亡くなったときに唱えるくらいの認識しかないのですが昔の人や信心深い人は毎日、一瞬一瞬、瞬々刻々と唱えていました。

お経、念仏とはなにか?宗教とはなにか?

私たちはもっと理解した方がいいのかもしれませんね。

そこで、数あるお経の中で、お念仏のこと、南無妙法蓮華経のことを五井先生が述べておられます。

意味がわかった上で唱えると目に見えない世界がみえて来るのです。







 
お念仏の真義



南無は帰命すること、生命の源に帰るということ、一つになるということで、西方極楽浄土におわす阿弥陀仏と一つにならせ給え、というようになります。

それをもっとハッキリいいますと、西方極楽浄土という言葉を、眼にも見えず、手にも触れないけれど宇宙に充満している仏の世界、光明燦然たる苦難の少しもない世界、完全円満なる世界と訳し、そのような世界に仏と一つに住まわせて下さい、と唱名になるわけです。


簡単にいえば、阿弥陀仏、私を救って下さいと願って、唱名しているわけです。

しかし同じ浄土派でも一遍上人のように、自分の中の仏が阿弥陀仏と一体になる唱名だ、といっている人もあります。

とにかく、仏と一体とならせ給えという唱名なのです。




   

   
           「日々の祈り」 五井昌久 白光出版





  




  

« 幽界を浄める | トップページ | 南無妙法蓮華経とは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37302634

この記事へのトラックバック一覧です: お念仏の真義 :

« 幽界を浄める | トップページ | 南無妙法蓮華経とは »

最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ