« 自分の動かしかた | トップページ | 下丹田をふるわせる »

2010年10月 1日 (金)

息を吐くことを意識する

  
 
  
気功と言えば、呼吸法を思い浮かべる人が多いと思いますが

呼吸をするというのは



吸う・・・・宇宙のエネルギーを身体の中に入れる

止める・・・そのエネルギーを身体中の細胞に行き渡らす。

吐く・・・・身体の中のエネルギー(老廃物)を出す



という意味があります。

どれもとても大切なのですが、于先生は先日の調和波動気功のセミナーで息を吐くことに意識をしてください。

息を吐き続けるようにしてください。


とおっしゃいました。


これはどういうことかと言いますと


私たちは息を吸っているときに宇宙からのプラスの無限のエネルギーだけでなく、地球を取り巻くマイナスのエネルギーも吸ってしまっているのです。

人類の想いのエネルギーは強烈です。

想いというのはいつも書いていますように

相手の心と書きます。

私たちが息を吸って、何かを想っているときにはもう

本当の自分ではなく、他人の想いをもらって

それを自分の想いだと錯覚、誤解、想い違いをしているのです。

神界にいる本当の自分とは違う自分に想念がなってしまっている。

これはほとんどの人間がなっていることではあるのですが

このことがたくさんの不調和を巻き起こしているのです。


ならば、


ずっと本心に繋がっていくにはどうしたらいいか?


それは呼吸法にあるのです。


吸うことは意識しなくてもいいのです。


息を吐くことだけをしていても、吐き切った後で


一瞬で息は吸っているのです。


吸う時間を極端に短くして吐くことに意識を置く。


吐くとはすなわち、想いを放つということです。


私たちは一日のうちにマイナスの想念エネルギーを嫌というほど吸っている、身体に入れているのです。


マイナスの想念エネルギーでガンジガラメになっています。


想いの鎧(よろい)を着ているようなものです。(想いは重い)


それをスッキリ軽くするには


息を吐き続けること 


もちろんそこに


世界平和の祈りを入れていくと


完璧ですよね。わーい(嬉しい顔)  手(チョキ)




世界人類が平和でありますように ぴかぴか(新しい)

日本が平和でありますように

わたくしたちの天命がまっとうされますように

守護霊様ありがとうございます

守護神様ありがとうございます



   

« 自分の動かしかた | トップページ | 下丹田をふるわせる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37026793

この記事へのトラックバック一覧です: 息を吐くことを意識する:

« 自分の動かしかた | トップページ | 下丹田をふるわせる »

最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ