« 金星人が地球を救ってくれる(宇宙は無限に進化している) | トップページ | 想いって何だろう? »

2010年10月26日 (火)

怖い夢をみても祈っていれば大丈夫です!

  
  
  
以前、マイミクさんから怖い夢をみた、それが現実になるのではないかと心配で心配でしかたがない、どうしたらいいでしょうか?という相談を受けたことがあります。

夢は過去世の業を消すために守護霊様、守護神様が夢をみさせてそこに出させて(劇画化させて)その間に悪いものを消してくださっている。

夢はほとんどが覚えていないので、潜在意識の中に入らないで消えてゆく。

覚えている夢も同じで意識をそこに持って行かず、世界平和の祈りで守護霊様、守護神様に消して頂いてくださいと申上げました。


今回は五井先生が夢についてある人の質問にお答えされています。

それ以外の幽界のこと、永遠の生命のことにもお答えされています。

よかったら読んでみてください。






 
問51


明け方老婆の生首の夢をみました。一所懸命統一してお祈りをしました。昨夜国分寺の原っぱを夜道ですが、歩きました時、生首そっくりの老婆とすれ違いました。その時とても妖気を感じました。夢で判断することはおかしなものでしょうけれど、初めてそんないやなものをみたもので・・・・




 

 


それはたしかに後ろに誰か憑いていたのです。

けれどそれさえも消えてゆく姿と思って平和の祈りへ入れていけばなくなってしまいます。

夢をみたら、それにひっかからず、ああこれは過去世の因縁が消えてゆくんだというように思って、守護霊さんに感謝して平和の祈りの中に入れて下さい。

観を転換させることです。

過去世の因縁を守護霊さんが消して下さるんだから、ああこれで消えてゆくんだな、大丈夫なんだな、というふうにしてお祈りの中に入れてください。

それが正夢と思われようとなんでも、消しちゃったほうがいい。

現実に出ないで消えてしまいます。

人間の肉体の世界というのは、神さまのみ心を現わすと同時に、過去世の因縁を消してゆく場なのです。

だから、生まれてからこのかた、五十、六十歳になって、悪いことが一つもなかった、なんていう人は一人もおりません。

なにかしら不幸があったり、悪いことがあったりするんです。

しかしそれは悪いことではなくて、過去世の借金をどんどん返している姿なんです。

だから本当はすべていいことなんです。

たとえば借金があったら、そのままでいたら苦しくてしょうがないです。

少しぐらい苦しくても、しまいには全部返した場合には、なんともいえないいい気持ちです。

返されたほうも喜ぶし、返したほうも気持ちがいい。

それと同じように、過去世のことはどこで借金をしたかわからない、けれど、守護霊守護神のほうで少しづつ、その人がこらえられる程度に、病気にして現わしたり、不幸にして現わしたりして、どんどん消してしまうんです。

そして魂がきれいに磨かれてこの世で働く。

この世で魂がすっかりきれいになると、あの世へ行った時はすばらしい高い所へ行くんです。

これは昔からのいい伝えで、本当のことなのです。

だからこの世において、いかに生命を洗濯してゆくか、生命がいきいきと働けるようにするか、過去世の業を浄めておくかが大事なんです。

そこで、どんなことが現われてきても、ああこれは過去世の因縁が消えたんだな、これによって私の運命はよくなるんだな、私の魂はますます磨かれたんだな、というふうに感謝にかえてゆくわけですね。

そうするとどんどん魂が開いてきます。

私がいつもいうせりふなんだけれども、この世でどんなに長生きしたって百歳ですよ。

百歳なんていうものは宇宙の運行からみれば、ほんのわずか、一瞬です。

ああ長かったナなんて思わないです。

過去の辛いこともみんな楽しい思い出。ああ、あの時はよく乗りこえられてきたな、オレも満更でなかったな、とか思って、自分でかえって辛いことでさえも楽しい想い出になるんです。

想い出というものは僅かの短い感覚なんです。

だから百年なんていうものは、本当をいえば短いんですね。

宇宙の永遠の生命というものは、何億年、無限億万年ですから、その中の百年など一瞬です。

ですから本当は五、六十年まるまる苦しんだって、たかがしれている。

無限億万年苦しんじゃったら大変だもの。

千年苦しむより、百年苦しんだほうがいいですね。

この肉体界というものは、業をとるために非常にいい場所なんです。

肉体界でいかに苦しみがあろうと、一瞬すぎれば、時間がたてば忘れられる。それからうんと痛い場合には気絶してしまう。そういうようにフッと助かる抜け道があるわけです。

悪いことをしたらすぐに現われて、すぐに苦しめられちゃうわけではないんです。

時間があるわけ。 その間に善いことをすれば、不幸はズーッと和らいでくるわけです。

そういう肉体界といういい環境におかれているわけなんです。

それで肉体界に生れないで、幽界で人間にもならないで、動物ともつかず、なんともつかない生物がいっぱいいるんです。

幽界には肉体界に人間として生まれられないで、霊界にもいかれない、幽界で迷って、折あらば馬鹿な人間にとっついて、その体を借りて浄まろうというのがずいぶんいるんです。

それにくらべると、肉体の人間として生まれてきて、そこであらゆる苦しみがあっても、苦しみによってどんどん業を消してゆく、そういう立場は実に楽です。

限度があるから。 ある点までくれば必ず消えちゃうんです。

幽界の生物で、幽界でゴソゴソしているのはいつまでたっても消えない。

だから肉体の人間に生れたことは得難いことだ、人身得難し、といってその有難さも感じて、少しぐらいの不幸や嫌なことがあっても、ああこれは消えてゆく姿だな、これによって私は天命がまっとうされてゆく、私の本心は開いてゆくんだな、私の行く霊界はいいんだな、というふうに思って感謝して下さい。





   「質問ありませんか?」 五井昌久 白光出版




  

« 金星人が地球を救ってくれる(宇宙は無限に進化している) | トップページ | 想いって何だろう? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/160971/37397623

この記事へのトラックバック一覧です: 怖い夢をみても祈っていれば大丈夫です!:

« 金星人が地球を救ってくれる(宇宙は無限に進化している) | トップページ | 想いって何だろう? »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ